Recent Trackbacks

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« 首相答弁草稿~GW明け普天間関係~ | Main | 窮鳩、尻をまくる »

April 28, 2010

小沢は消えず、ただ潜るのみ

検察審査会は、不起訴処分となった民主党の小沢幹事長について、起訴相当という議決を満場一致で決めた。
これによって、検察は、再度、小沢周辺を再捜査することになり、小沢幹事長の政治責任を問う動きが活発化している。

…と言うことなのだが、「蛙の面にションベン」だろう。
だって、露骨に対峙していた検察は、意地にでも起訴したかったはずだ。
そして、結果は不起訴。
やけ酒をあおって泥酔した検察官は、一人や二人ではないはずだ。

そこまで、徹底的に調べても、小沢の「推定無罪」は、崩せなかった。
それが、新たな証拠もなく、「再調査せよ」と言われても、捲土重来とはいかないだろう。

今、小沢幹事長の念頭にあるのは、来る選挙に勝ち、政権交代を完成させることだけ。
そのために必要ならば、さっさと引くはずだ。
現に、衆院選の時は引いた。
「今回に限り引かない」だけの意味合いはないのだ。

ただ、時期尚早なだけだろう。

民主党単独で過半数を得るためには、一人区だけではなく二人区もかなり押さえないといけない。
「二人区は一人で良い」などと、ぬるいことは言っておれないのだ。
そして、その手配は、終えつつある。
あとは、選挙の指図だけだろう。
そして、それは、小沢本人ではなく、衆院選の時のように、子飼いのスタッフが当たるはず。
あとは、予定通り実行するだけだ。

忘れていないか?
小沢を動かすのが難しいのは、引っ込ませる時ではない。引っ張り出す時なのだ。あのおっさんは、周りが放っておけば、勝手に引っ込む。

ただ、参院選で過半数をえる目処がつくまで、権限を持っていたいだけなのだ。

« 首相答弁草稿~GW明け普天間関係~ | Main | 窮鳩、尻をまくる »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28289/48206538

Listed below are links to weblogs that reference 小沢は消えず、ただ潜るのみ:

« 首相答弁草稿~GW明け普天間関係~ | Main | 窮鳩、尻をまくる »