Recent Trackbacks

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« 参院選を前に知っておくべきこと | Main | 重職心得箇条3 祖先の法 »

June 25, 2010

参院選始まる

各党党首が、第一声を上げ、参院選が本格的に始まった。
だが、当選したいが為の自己主張が目立ち、あきれてしまった。

内政的課題は、破綻寸前の財政赤字、それを立て直す為の消費税増税の是非。
そんなところだろう。

そう言う意味で、各党首の主張は、それぞれ「一面の真理」を含む主張ばかりだった。
さすがに、第一声は練られているようで、すぐに批判できる内容はない。
しかし、ちょっと考えてみると、すぐに、ぼろが出る。

消費税増税についてが、一番分かりやすい。
一番、選挙民受けしやすいのが、反対することだろう。
それぞれの主張は、一理あるものばかりで、反論しづらいように見えるが、その実、すぐに、足下が透けて見える。

なぜなら、「じゃあ、どうするつもりなんだ?」と言う素朴な疑問には、どこも答えていないからだ。
唯一、みんなの党が、定数削減などを行うことによって可能であると、道筋を示していた。それが正しいかどうかは、歴史が示すだろうが、道筋のひとつではあるだろう。
あとは、批判ばかりで、再建策は、一切示していない。
これでは、比較のしようがない。

政権与党として、消費税増税に言及した民主党。
全く違う切り口で、消費税増税をせずに、別の方法を示したみんなの党。
そして、それ以外だ。

自民党に至っては、「民主憎し」なのは分かるが、批判に終始する始末だ。
今の日本を作ったのは、自民党なのだ。その反省もせず、民主を批判するのは、お門違いだ。
政権交代せず、自民のままだったのなら、財政赤字は解消に向かっていたというのか?
責任転嫁も甚だしい。責任政党ならば、まず責任を取って欲しいものだ。
最低限、過去の反省から始めるべきなのだ。

政権与党として、日本をどの方向に導いていくのか。
それと同時に、今の日本を覆っている喫緊の課題をどうするのか。

政治家ならば、同時に示すべきだろう。

開き直って、「単独過半数を阻止」などという超低次元な目標を、あえて公言した立ち上がれ日本の方が、まだマシといえる。

「企業減税のための消費税増税阻止」
まあ、それはそれで、一面の真理なのだろう。
しかし、喫緊の課題は、どうするのだ?

さすが、批判だけを繰り返してきた政党らしい第一声だ。
ここだけは、ぶれない。
そう言う意味では、安心して聞ける演説だ。

あんたらだけは、昔から変わらない。

それはそれで立派である。

« 参院選を前に知っておくべきこと | Main | 重職心得箇条3 祖先の法 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28289/48716624

Listed below are links to weblogs that reference 参院選始まる:

« 参院選を前に知っておくべきこと | Main | 重職心得箇条3 祖先の法 »