Recent Trackbacks

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« 民主党政権・再起動 | Main | 下層階級のニューライフ »

June 04, 2010

景気の復活の鍵

このままでは、まず無理だ、と、最初に書いておこう。
同じ事を立場のある者が書いたら、日経平均などに影響するのだろうが、そうではないので、気軽に書くことにする。

国際的な経済や、国政レベルの経済の話も書かない。
識者の論文などを読めば済む話だし、その方が、為になる。

ここで書くのは、一般大衆から見た「景気」レベルの話である。
そして、これが、まず回復しない、と言っているのだ。

なぜなら、構造が変化してきているからだ。

大多数の人たちは、景気が悪いから収入が悪いと思っていないだろうか?

少し前までは、じりじりと景気が良くなっていたし、現在も、持ち直しつつある。しかし、庶民の生活は、一向に良くならない。
それどころか、悪化の一途をたどっている人さえいる。
これは、今までの不景気と今回の不景気は、微妙な違いがあるからだと思う。

今回は、企業が、雇う気がないか、まともに払う気がない事による不景気だからだ。

規制緩和により、一斉に、派遣労働者雇用にシフトし、売り上げが落ちると、一斉に派遣切りをしたのは、記憶に新しいはずだ。

なぜ、企業は、正社員として雇わないのか?
それは、「いらない」からだ。

大企業は、こぞって、海外に進出している。
大手製造業で、国内にしか工場がない企業の方が少ないくらいだろう。
国内で製造している企業でも、海外生産の部品・原料を仕入れていない企業は、存在しないに近い状況の筈だ。

つまり、製品の値段を、どんどん落とさなければいけない現状では、国内で仕入れ・生産の全てを賄ってはいられないのだ。

これが、非生産部門にも及んでいる。

OA化がIT化となり、ますます、省力化が進んでいる。
ネット通販などの会社では、言われた仕事を黙々とこなす単純労働者の正社員などはいらない。企画・システム構築のスタッフがいればいい。
受付・苦情処理なども、外注すればいいだけの話だ。

つまり、そこそこの学歴で、言われた通りの仕事はちゃんとこなすが、履歴書に書けるような経歴は一切無い、という、ありがちな日本人労働者を必要としない体制に移りつつあるのだ。

唯一の日本人労働者の牙城だった、優秀なエリート社員ですら、外国人の雇用が増えていると聞く。

つまり、日本人の労働者や国内の工場を維持できる状態では無くなってきているのだ。
「いらないから雇わない」
これが、現状である。
普通の日本人労働者と外国人労働者の待遇が全く同じになる日も、来るかも知れない。

日本人であるかどうかに関係なく、優秀な人材は、どこからでも引き合いがある。しかし、そうでない、真面目だが、それ以外にセールスポイントを持たない大多数の労働者の雇用は、コストの安い海外に流出しているのだ。

残る道は、それほど多くない。

・優秀な人材になるべく、自分を磨く

・日本人雇用を守るべく、高コスト、イコール、割高な純国産品を買う

これだけだ。
大赤字な政府からは、今以上の援助は期待できない。

そして、上記のどちらも、事実上、不可能に近いと思っている。

故に、「景気回復は不可能に近い」と考えているのだ。

高学歴なだけでは駄目。真面目なだけでも駄目。
そんな日本になりつつあるのだ。

今の現状を見据えて対策を立てないと、景気は良くならないと思う。

「真面目だが、それ以外にセールスポイントを持たない日本人労働者」が、少数派で、ピントはずれな論であることを、節に希望する。

« 民主党政権・再起動 | Main | 下層階級のニューライフ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28289/48540067

Listed below are links to weblogs that reference 景気の復活の鍵:

« 民主党政権・再起動 | Main | 下層階級のニューライフ »