Recent Trackbacks

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« 大相撲名古屋場所ピンチ | Main | 参院選始まる »

June 24, 2010

参院選を前に知っておくべきこと

参院選が始まる。
そこで、今の日本の状態を作り出した責任者を書いておこう。
問題は、どの時点で区分けするか、だ。
明治維新で区分けすれば、誰の責任でもないし、今日ならば、民主党の責任が大きくなる。

今回は、最寄りの政権交代時とする。
つまり、前回衆院選を区切りとすると言うことになる。

【自民系】

自民党はもとより、みんなの党、たちあがれなども、一切合切ここに入る。
民主党にも、責任者だった連中は多いが、区切り前なので、一応、分けて考える。

赤字国債を発行し始めた(田中内閣)のも、景気対策として、増発し始めた(小渕内閣)のも、一向にそれを改めなかった(小泉内閣以降)のも、全部、自民党がやったことだ。
また、政・財・官のトライアングルとか称して、その実、財から甘い汁だけ吸い上げ、後のことは、一切合切、官僚に放り投げて、安逸をむさぼってきた。
その結果、何から何まで官僚に握られてしまい、政府・与党は、裸の王様にされてしまった。
もはや、息を吸うのすら、官僚の許可がいる有様だ。

これらは、一切合切、自民党の責任だ。
まず、それを詫びてから、国民の審判を仰ぎ、国民が「これからもいて良いよ」と許したら、それから、「信を問う」段階になる。
それをせずに、「責任政党」を自称するなど、片腹痛い。

「1000兆円近い赤字国債のうち、そのほとんどを作ったのは、私達自民党です。何とかしたいので、とりあえず、消費税増税の議論に参加したいのですが、入れてくれませんか?」
と、民主党に頭を下げて議論に加えて貰う、と言うのが、自民党の立場の筈だ。
偉そうに追求できる義など、今の自民党にありはしない。

【民主党】

区切り時点では野党なので、現在の日本に対する責任は、ほとんど無い。
自民系議員が多数いるので、上記の自民党の責任の一端は担っていると言える。
また、社会系議員も多数いるので、後述する責任も同様に存在することになる。

そんな、責任という点からも、矛盾をはらんでいるのが、現在の民主党だが、特に評価できるほどの成果は出していない。
「意気や良し」とは言えるが、結果はメチャメチャだ。
政権交代後、数ヶ月しか経ていないと言う点を減じても、評価できるものはない。
強いて上げれば、「消費税増税」を明言したこと位か。
選挙前としては、勇気のいる発言だったろう。
正確には、「超党派の議論を始める」だが、世間では、「増税決定」と見なしている。

政治主導という考え方は、至極妥当だが、問題はやり方だ。
官僚を一切合切占め出して、何もさせないことでもなく、看板だけ変えて、官僚に放り出す事でもない。
官僚を掌握し、政府のコントロール下におくこと。それが、真の政治主導だろう。

【社会系】

社会党、社民党、民社党、共産党などが、該当する。
共産党をひとくくりにすると、反発する人もいるだろうが、私からすれば、同じ穴の狢だ。
非武装中立など、太平の世の世迷い言に過ぎないが、それを公言したかしなかったか程度の差しかない。
どのみち、日本の将来を託せる連中ではない。
区切り時点での責任は、「無責任な発言を繰り返すことによって、消極的に自民を選択させた責任」だ。
非現実的な態度をとり続け、国民の選択の幅を狭めてきたのだ。
是々非々で、その都度、国民の批判を、選挙という形で受けてきたのならば、自民党も、もう少しシャンとしていたはずなのだ。

共産党などは、今でも、防衛費を削減すれば、プライマリーバランスはすぐに正常化する、などと言っているが、その反面、普天間問題などは、大反対だ。
もう、支離滅裂だ。
米軍を日本から閉め出すのならば、自己防衛の為に、防衛費は桁違いに増やさないといけないはずだし、徴兵制も視野に入る。防衛費削減ならば、むしろ、米軍基地の誘致を全国規模で行う必要がある。
現在の東アジア情勢を考えた時に、「防衛費削減、辺野古移設反対」は、小学生でも分かるレベルの人気取り政策でしかない。

こんなレベルの政策を、本気で公言するあたり、なかなかに侮りがたい連中だ。
ライバルは、もちろん、吉本興業だ。

【その他】

ここのような、個人のサイトですら、評価する価値はない。


さて、参院選が始まる。
どうなるのか、今後が注目される。

« 大相撲名古屋場所ピンチ | Main | 参院選始まる »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28289/48710722

Listed below are links to weblogs that reference 参院選を前に知っておくべきこと:

« 大相撲名古屋場所ピンチ | Main | 参院選始まる »