Recent Trackbacks

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« 民主惨敗がもたらすもの | Main | 集中豪雨 »

July 14, 2010

ねじれ国会の解消

いささか非現実的な案を書く。
おそらく、根本的な解決方法は、これしかないだろうが、実現の可能性は、極めて低い。
なので、お気軽に読んで欲しい。

二大政党制の元では、政権交代時には、必ずねじれるという。
これは、衆・参で選挙のやり方が違い、参議院では、全数改選ではないため、よほどの大差が付かない限り、ねじれ国会となってしまうということだ。

これを避ける一番根本的な方法は、参議院を無くしてしまうことだ。
そうすれば、民意がダイレクトに伝わる国会となる。
そして、これこそが、GHQの原案だった。日本の政治の現状を分析すると、一院制が適当と判断したのだ。
今となってみると、一理ある判断だったようだ。

反対したのは、日本側。
貴族院の存続を希望し、その結果、名前を変えて参議院となった。

これは、衆院の暴走を止めるという現実的な側面もあったのだ。
「大政翼賛会は、二度と御免だ」と言うことだったのだろう。

発足当時の参議院は、様々な人材が集まり、まさに、「良識の府」だった。
今のような衆院のおまけにしてしまったのは、自民党だ。
その後しばらくは、自民党が安定政権を築いていたので、問題にはならなかった。
しかし、二大政党制になってくると、政権交代の過程で必ず起きる「ねじれ」が、大きな問題となってきている。
これから起きるだろう混乱も、その結果のひとつ。
これを、何とかしないといけない。

参議院は、憲法で決められているので、無くすのは、憲法を改正しないといけない。
国民の多くが、拒否感を抱いている憲法改正は、その内容にかかわらず、現時点では、不可能だ。

残るは、参議院の改革しかない。

国会は、最高レベルの議論の場だ。
しかし、実際には、議論など、一切行われていない。
現在行われているのは、官僚の作った法案の追認、そして、自己主張の応酬だ。
これを、議論とは呼ばない。

言うべきは言い、引くべきは引く。そして、お互いの主張を理解し合い、より良い結論を導く。
これこそが、「議論」だ。

参議院の全ての党・会派を解散し、全ての参議院議員が、自らの考えを持って議論に参加し、全員で、結論に対する責を負う。
日本や国民に対し、もっとも妥当であるだろう結論を出し、法律とする。

参議院が、真に、議論の場となれば、各界の識者がこぞって参議院に集まり、選挙の度ごとに、レベルが上昇し、世界に誇れるすばらしい議論の場となるだろう。
そうなれば、評決要員も、票集めのためのタレント議員も出る幕はなく、潮が引くように減っていくはずだ。

「国民のためにどうあるべきか?」と、皆が真剣に考えた時、結論は、こうならざるを得ない。
選挙の度ごとに、ねじれ発生と解消を繰り返すようなら、憲法改正してでも、衆議院だけにした方が、すんなりと収まる。

衆議院だけだと、暴走の危険はあるが、ねじれてばっかりで、国政の停滞を招き続けるのならば、「まだまし」である。

« 民主惨敗がもたらすもの | Main | 集中豪雨 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28289/48874242

Listed below are links to weblogs that reference ねじれ国会の解消:

« 民主惨敗がもたらすもの | Main | 集中豪雨 »