Recent Trackbacks

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« 参院選、民主惨敗、自民躍進…か? | Main | ねじれ国会の解消 »

July 12, 2010

民主惨敗がもたらすもの

まずは、政界の流動化だろうか。
かねてより、小沢一派が、民主党を割って出て、自民党の近い勢力を巻き込み、新党を立ち上げるという観測気球が上がっていた。

全く真実でもないだろうが、全くの眉唾でもないだろう。

福田-小沢で成立しかけた大連立は、現実問題、可能性が低い。
これよりは、小沢新党の方が、可能性が高いというものだ。

衆院選を仕掛けるという線もあるが、やって勝ったところで、参院とのねじれは解消しない。
ねじれを解消するには、複数を相手にした連立or新党しか、可能性は無いのだ。

政策・法案ごとの部分連合なんて言う案も現実味を帯びているが、おそらく、うまくいかないだろう。

政権奪取に向けて気勢を上げている自民党が、そんな自分の首を絞めるような動きに乗るはずもなく、さりとて、過半数を得られるだけの数の政党と連立を組んだら、にっちもさっちも行かなくなる。

今回の民主惨敗は、田舎の一人区でのどぶ板を徹底しなかった民主の方針の誤り、そして、政治と金の問題やドタバタで嫌気が差した無党派層が、こぞって、自民・みんなの党に動いた事が原因のようだ。

よって、「みんなの党躍進」とあるが、これは違う。
ただ単に、批判票が集まったに過ぎない。
前回の衆院選は、これが、民主党に集まっていたのだ。
その結果、従来の支持票と相まって、政権交代を成し遂げた。
これを、みんなの党への支持拡大などと勘違いしていたら、今の民主と同じく、痛い目に遭うことだろう。

つまり、今回は、民主に風は吹かなかった。これだけのことなのだろう。
要するに、今回の結果が、民主党の掛け値なしの実力ということだ。

消費税が争点、などと、マスコミはあおるが、実際の世論調査では、無党派層の選択理由の4位でしかなかった。
ほとんどは、政治と金や指導力のなさなどを嫌って、流出していったのだ。

望ましい方策は、どこかの識者も書いていたが、参院の会派を全て解散し、全ての法案を、是々非々で判断し、各自個別に投票することだろう。
これでこそ、「良識の府」といえる。
ただ、可能性は、極めて低い。
これが実現できたら、ねじれなどという現象を恐れることなく、衆院選を戦えるし、冒険的な公約も施策も可能になる。
しかし、実現する可能性は、日本がワールドカップで優勝する可能性と、どっこいどっこいだろう。

今の日本は、「っていうか、どーでもよくね?」という無関心層と、政治のなんたるかを理解せず、その場その場の気分で流される無党派層のかなりの部分に、その命運を握られていると言うことになる。

そのことの方が、財政赤字よりも、日本の将来への暗雲だろう。

こんな事なら、コテコテの自民党支持のじいちゃん・ばあちゃんの方が、よほど、日本の支えになっている。

いっそのこと、元旦に衆院選投票でもしたら?
槍が降っても、と言う人しか行かないから、風に影響されない結果が出ますよ。

« 参院選、民主惨敗、自民躍進…か? | Main | ねじれ国会の解消 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28289/48859932

Listed below are links to weblogs that reference 民主惨敗がもたらすもの:

« 参院選、民主惨敗、自民躍進…か? | Main | ねじれ国会の解消 »