Recent Trackbacks

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« 除菌は有効か? | Main | 国民のためのねじれ国会の解消 »

July 27, 2010

後期高齢者保険制度は、存続を

誰も言わないから、書くことにした。
一体全体、何が悪いのか?

基本的に、高齢者に対する医療制度は、崩壊しかかっている。
それに対する対策のひとつが、これである。

最大の問題は、増加し続ける老人医療費。
これに対応するために、税金の負担分を増やし、その他の保険からも援助金をかき集めて対処した。

余分な金を払わされる事になった健康保険組合が、軒並み廃止に追い込まれたことは、記憶に新しいはずだ。
老人医療費は、これほどまでに、肥大化しているのだ。
その肥大化し続ける老人医療費を、従来の方式でまかなえるのか?

そもそも、まかなえないから、作った制度なのではないのか?

・高齢者を切り捨てる制度

はぁ?どこを曲解したらそうなるのだ?そもそも、老人達の医療費を確保するための制度なのだ。
これからもずっと維持するために、老人達にも負担をして貰おうという主旨は、理解できる。

・75歳で、老人を差別する制度

前期・後期高齢者という区分を作ったのは、厚労省ではなく、WHOである。文句を付けるなら、そっちへどうぞ。
厚労省は、その区分に乗っかっただけだ。

・とにかく許せん

根拠のない批判は、与党やマスコミに向けて下さい。
結果はともかくも、将来にわたって、老人医療を維持しようとした仕組みを、気分で批判しないように。

後期高齢者医療制度は、保険請求をする立場からすると、とても分かりやすい制度だ。かつての老人保健は、わかりにくく、付け足した制度故に、弊害も出ていた。
しかし、一本化されたことにより、支給申請書も簡単になり、共通用紙への道筋もついてきた。保険請求(レセプト。略してレセ)が、コンピュータ化しつつある今、この用紙の共通化は、色々な意味で恩恵が大きい。
この点「だけ」でいえば、百利あって一害もなし、なのである。

後期高齢者医療制度は、全く問題なし、とはいわない。大小様々あるだろう。
しかし、制度自体を撤廃する必要があるとは、到底思えない。

いったい、どこが、それほど悪いって言ってるの?
以前の老健制度と比較して、ちゃんと理解してから言ってる?

「これこれが、このように悪い。だから廃止すべき」という、根拠に基づいた見解ならば、マジで読みたい。
上記のような戯言ではなく、理路整然とした見解があったら、是非、URLを教えて頂きたい。
今のところは、探し出せないでいる。

« 除菌は有効か? | Main | 国民のためのねじれ国会の解消 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28289/48989220

Listed below are links to weblogs that reference 後期高齢者保険制度は、存続を:

« 除菌は有効か? | Main | 国民のためのねじれ国会の解消 »