Recent Trackbacks

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« セクサロイドを医療器具に | Main | アイドリング・ストップ »

August 27, 2010

小沢が出馬

民主党の党代表選に、出馬を決めた。

党内だけで盛り上がっているとか、喫緊の課題をなおざりにしているとか批判はあるが、近未来の首相を決める選挙でもあるので、ある程度は仕方ない。

謎なのは不利を承知で、何故小沢元幹事長が出馬したのか?である。

勝ち馬に乗るのは、政界の常識なので、雪崩を打つ可能性があるとはいえ、五分五分の状況での出馬決断は、極めて異例に違いない。

ただ言えるのは、菅代表が、急に生き生きとしてきたこと。
彼の本質は、やはり、チャレンジャーなのだろう。

小沢という怪物に対し、不利を承知で、敢然と戦いを挑んだ時、彼の本質が、最大限に輝いたのかも知れない。
おとといまでの、ぼやけた総理姿とは別人のように、生き生きと輝いている。

これが目的だったとしたら、闇将軍、大したものだ。
まあ、そこまでは、深読みのしすぎかも知れない。

但し、どちらが勝つにせよ、挙党態勢が固まるのは間違いない。

菅総理が勝った場合、あの怪物に真っ向勝負を挑み、勝ったのだから、誰も文句は言えない。国民はさておき、党内基盤は、強固になるはずだ。

小沢が勝った場合、もともと怪物な訳で、党内基盤が、少し強まるだけだろう。
これを持って、最悪のシナリオと考えるのは、官僚達に違いない。
夜のニュースが楽しみになるのは、こっちの方かも。
それに、検察審査会が起訴相当と決めても、その前に総理になってしまえば、起訴できないので、この点も、心配ない。
小沢が清純無垢だなどと考えている人は、日本にはいないはずだから、大差ないだろう。

何はともあれ、ニュースが楽しみになったのだけは間違いない。

次期総理は、早急に内閣を編成し、その全員が党を離れ、盤石な体制を作ってもらいたい。そして、最短でも、衆院の任期満了まで、しっかりと責務を果たして貰いたいものだ。

« セクサロイドを医療器具に | Main | アイドリング・ストップ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28289/49264860

Listed below are links to weblogs that reference 小沢が出馬:

« セクサロイドを医療器具に | Main | アイドリング・ストップ »