Recent Trackbacks

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« 重職心得箇条4 先格古例 | Main | セクサロイドを医療器具に »

August 16, 2010

普通の国

日本の将来についてのアンケートで、こう答える人が多かったようだ。
確かに、科学技術などの先端技術以外では、こうなる可能性が高いだろう。
その先端技術においても、基礎研究に対する国・企業の補助が相対的に低い日本であるから、この面でも、先行きは明るくない。

よって、近い将来、「普通の国」になった日本で、我々は生きていかないといけない。
それを、すこし、考えてみたい。

少し、規模を狭めて考えてみよう。
イメージとしては、アジア大陸のど真ん中。周囲を天然の要害に囲まれた小国である。
容易に攻め込まれはしないが、危険は常にある。
限られた街道ではあるが、周囲の国々との公益も可能。
…こんな感じである。

古来、中国では、「食わせること」が、施政者のつとめであった。
充分に食わせなければ、民も兵も将も逃げていき、国は滅ぶ。
故に、これを、まず第一に考えないといけない。

この点では、本来は問題がない。
食いきれなくて、捨てている昨今だからだ。
自給率は低いが、輸入分が、過剰分と考えれば、さして、問題ではない。
食生活に対するイメージを変え、「飽食こそ悪」とまではいかなくても、イメージ変革により、自給率は増えるはずだ。
「割高でも安心な国内野菜」と、アピールしていけば、さらに、自給率は増える。

次に考えるのは、国防である。
この点では、常に、性悪説によるべきで、いついかなる時でも、油断してはならない。
古来行ってきたように、大国の属国となり、安堵してもらうか、自前で守るか。
あるいは、その中間か。
まあ、選択肢は限られる。
自尊心と、割り当て可能な軍事費によって、判断すればいい。
これは、機械的に判定しうるであろう。

第3には、国域の安定がある。
治水などは、その一番分かりやすい例だ。
災害の起きる可能性を出来るだけ減らし、安心して暮らせる国土を用意する。

最後に、諸国との交易を図る。
周囲を他国に囲まれている状態で、鎖国を図るのは、大戦状態にない今、愚策以外の何者でもないだろう。
楽市・楽座とまではいかなくても、上記3点を阻害しない限り、自由度が高いに越したことはない。
諸国との関係を考慮すれば、貿易収支は、プラスマイナスゼロ、が理想だろう。


日本は、貿易立国と言われているが、対GNP比などを比較すれば、さほど多いとは言えない状態だ。
実は、日本は、内需が頼りの国なのだ。

と言うことは、まず、国内を充実させないといけないと言うことだ。
輸出業者には、最大手企業が多く、つい、対ドルレートが、貿易障壁が、などと、輸出業者の御用コメンテーターがあおり立てるが、まず考えるべきなのは、国内の安定である。

国内がボロボロの状態で、諸外国が、まともに相手をしてくれるはずは無いのだ。
まず、国内の安定あってからの、対外政策だ。

そして、これは、鎖国を指向しない。
もうじき、GNPが、中国に抜かれると報じられているが、これは、世界3位と言うことを意味している。――つまり、トップ3の一員と言うことだ。

この立場を考えれば、国際的な動きを封じてしまって良いはずはない。
当然のごとく、国際貢献もしながら、資源小国である日本が生き残る道を模索すべきだ。

「まず、国内の安定を」と言っているに過ぎない。

こうして考えると、「まず国内」と目的を変えた時、先行きの容易さが、まず、思い浮かぶ。

優先順位2位~4位については、すでに、ある程度完成しており、喫緊の課題などは、存在しない。
急いで取り組む必要があるのは、食わせることだけだ。
そして、それも、最重要施策は、日本国民の食に対する考え方を、以前に戻すだけだ。

容易とは言わないが、さしたる出費を必要とする施策でもない。
様々なアプローチで、国民に啓蒙していけば、事足りる。

零細農家を守るために、莫大な予算を使うよりは、よほど安上がりでは?

この方策に依る限り、日本の将来は、決して暗くない様に思えてくる。
…ま、机上の空論と言われれば、返す言葉はないが。

« 重職心得箇条4 先格古例 | Main | セクサロイドを医療器具に »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28289/49163595

Listed below are links to weblogs that reference 普通の国:

« 重職心得箇条4 先格古例 | Main | セクサロイドを医療器具に »