Recent Trackbacks

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« 民主代表戦の世論調査は、大丈夫? | Main | 中日マジック13(USA) »

September 14, 2010

小沢惨敗

まあ、驚かない。ある程度、予想していたから。
だいたい、党員等の投票が、圧倒的に菅に流れそうな情勢で、国会議員だけでその分を埋められるというのは、無理があるからだ。

まあ、国会議員の三分の二を押さえられれば話は別だが、そうは問屋が卸さないと見ていたのだ。

ただ、思っていたよりも、国会議員の票が少なかったのには驚いた。
過半数は抑えるが、その他の票で、菅当選と考えていた。
小沢チルドレンのかなりの層が、菅支持へと流れたようだ。

で、結局、何も変わらないという結果となった。

今回、何も変わらないがジリ貧確定の菅、大化けする可能性もあるが大負けの可能性もある小沢、この両者の争いだった。
真面目に考えれば考えるほど、投票に悩んだことだろう。
こんな選択肢で、すっきりと決められるはずはない。

ということで、政治的には、予想すべきほどの変化はないだろう。
種火の消えた風呂のごとく、ジリ貧確定だ。

党員サポーターの指向も明らかになった。
ここまで大差が付くと言うことは、革新系の支持者が多く、その線に沿った政策を好む傾向にあるはずだ。

やはり、政界再編は避けがたい流れのようだ。

自民党の改革派と小沢一派がくっつき、新党改革、みんなの党を巻き込んで、一気に過半数確保を狙うと見る。

そうならなくても、刃向かった小沢チルドレンには、小沢支援がないので、大量落選するはずで、小沢の意志にかかわらず、再編は、不可避だろう。

日本政治の混迷は、当分続きそうだ。

« 民主代表戦の世論調査は、大丈夫? | Main | 中日マジック13(USA) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28289/49446663

Listed below are links to weblogs that reference 小沢惨敗:

« 民主代表戦の世論調査は、大丈夫? | Main | 中日マジック13(USA) »