Recent Trackbacks

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« 頭皮を洗って出直せ | Main | 強制起訴の行方 »

October 05, 2010

小沢一兵卒の辞任も離党もなし

小沢元幹事長の強制起訴が決まったのを受けて、牧野国対委員長代理が、「自発的に離党すべき」と言ったところ、牧野氏の方が、辞任となった。

よって、小沢元幹事長が、自発的に辞任しない限り、このままと言うことになった。
おそらく、有罪・無罪にかかわらず、最高裁まで行く可能性が高く、当分、小沢氏が政界に留まることが確定した。

自民党が、「説明責任を果たしていない」と、猛反発するだろうが、どうしても、その意味が分からない。

意図はわかる。敵失を、もっけの幸いと突っついているだけのことだ。
なぜ、国会の場で説明しなければいけないのか、「そもそも、ここまでの罪なのか」、が、分からないのだ。

政治資金報告書の虚偽記載を問われている、と、みんな分かっているのだろうか。

検察の意図としては、それを突破口にして、ヤミ献金であったことを証明したいのだろう。それはいい。
しかし、いまは、あくまでも「虚偽記載」を問われているのだ。

今までだって、問題になったことはあったが、修正して終わりではなかったのか?
問題のある献金だって見つかったが、「返しました」で、終わりにしていなかったか?

同様な問題では、その場その場で、職を辞したりしていたが、国会の場でしつこく説明を求められたり、議員辞職をした例は、記憶にない。
強いて言えば、「なんとか還元水」くらいか?

繰り返すが、今問われているのは、ヤミ献金ではなく、帳簿の記載内容なのだ。
このことで、ここまでしつこく追求された例があったか?

確かに、国民の意見なのかも知れない。
しかし、国民の意見が、常に正しいとは限らない。
それが間違っていた場合、質すのが、社会の木鐸たるマスコミの役目ではないのか?

小沢叩きをするのは良い。それも、マスコミの役目のひとつだ。
しかし、政治家にとってはどうだか知らないが、一般の会社に例えれば、どうでも良い類の微罪なのだ。

しかも、同時期に、似たような献金を受けていた自民党議員は、何も追求されていない。
この不公平さを受け入れている違いは、どこから来るのか?

「マスコミの仇敵」らしい小沢を擁護しろとは言わないが、せめて、解説記事くらいは、公平に書いて欲しいものだ。
それでこそ、「国民の意見」が、公平になるのだから。

« 頭皮を洗って出直せ | Main | 強制起訴の行方 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28289/49657841

Listed below are links to weblogs that reference 小沢一兵卒の辞任も離党もなし:

« 頭皮を洗って出直せ | Main | 強制起訴の行方 »