Recent Trackbacks

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« 手帳の季節2011-3 | Main | 携帯などの電池容量表示は、正確に »

December 08, 2010

学習到達度調査で、日本大健闘

2009年の調査で、日本が順位を上げた様だ。

しかし、1位を独占したのが、上海、つまり、中国だった。

10位までにランクインした国名を見ると、ちょっと違和感が湧くのは、私だけだろうか。G8の国は、日本とカナダだけしか、ランクインしていないのだ。G20まで広げて、ようやくいくつか該当する程度。いわゆる「先進国」は、2国だけなのだ。

非G8国で目立つのは、人口の少ない小国が目立つ。また、貿易や人材派遣などで、積極的に海外進出している国が多い。これは、何を表しているのか。

それは、国民の知能レベルが、唯一国際的に競争力を持っている国々と言うことになる。

英語圏であることを生かして、積極的に知能労働者を生み出している国。先端産業に特化して、ハイテク産業で国を成り立たせている国。

どっちにしても、教育に力を入れるしか、国際的に太刀打ちできない国ばかりである。

GNP上位国で、人口もそこそこ多く、しかも、ベスト10入りしているのは、やはり、日本とカナダしかない。

つまり、普通に稼げる国と、教育に力を入れるしか稼げない国、その争いだったように思う。

言い換えれば、「普通の国」の間では、日本とカナダが、首位争いを繰り広げている、と言うことになる。

もちろん、近年、日本の若者の教育レベルが低下しているのは、間違いのない事実だ。このランキングをきっかけにして、教育レベルを向上させるのには、異論がない。

しかし、注意しなければいけないのは、このテストは、国民の優秀さを正確に表してはいない、と言うことである。
やはり、教育というのは、昔から言われているように、全人教育であるべきだ。つまり、総合的に人格を向上させるための教育であるべきで、その方針で進めていくべきだ。

ランキングに、一喜一憂すべきではない。

なお、総合1位は、上海、つまり、中国が独占した訳だが、これは、皆さんご存じのように、選抜チームの努力の成果だろう。日本などは、完全に無作為抽選したようだが、たとえば、ラサールの中だけで無作為抽選すれば、どういう結果が出るのか、火を見るよりも明らかだろう。

中国奥地まで含んだ完全無作為抽選したら、おそらく、20位まででも怪しいくらいだろう。

つまり、日本は、結構いい線行っていると思う。

ニュース

« 手帳の季節2011-3 | Main | 携帯などの電池容量表示は、正確に »

学問・資格」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28289/50245825

Listed below are links to weblogs that reference 学習到達度調査で、日本大健闘:

« 手帳の季節2011-3 | Main | 携帯などの電池容量表示は、正確に »