Recent Trackbacks

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« 蓮舫大臣が、首相候補 | Main | 重職心得箇条7.度量 »

December 21, 2010

年末ジャンボは確率が高いか

CMで盛んに、「億万長者444本」とか、騒いでいる。「これだけ当たるのなら…」などと、考えていないだろうか。

これ、嘘ではないが、紛らわしい表現である。

ジャンボは、1,000万枚が1セットになっている。で、この中で、1等が何本、と設定されているのだ。今回、CMの画面には、小さく、「74ユニットの場合」と、書かれているようだ。

つまり、全部売れたとして、7.4億枚売れた場合に、1億円以上の当たりを引く人が444人いると言うことを意味している。

ここで間違えてはいけない。どれだけ当たり本数が多かろうと、1ユニット当たりの総枚数と当たり本数が決まっている以上、当選確率は、全く変わらないと言うことなのだ。

これを、明確に理解して、あの「444本」と言う数字を聞いていただろうか。

ほとんどの人は、10枚セットで買うだろう。つまり、1ユニット100万セットとなる。また、たいていの人は、複数セット買うだろう。平均2セット買うとして、1ユニット50万人となる。

よって、1等が1本の場合、確率は、50万分の1となる。高額当選が、1ユニット10本あったとしても、5万分の1である。

これが、どれほどの確率なのか。

実に、0.002%である。パチンコだって、もっと高確率だ。競馬だってそう。

はっきり言って、道を歩いていて、隕石に当たる確率と大差ないのではないのか?

これが、株だったら、投資するのか?
「99.998%紙くずになりますが、投資しますか?」
と聞いているようなものだ。

ま、買ってから当選日までの間に、「ああでもない、こうでもない」と、当たった時の算段をして楽しむのが、正しい有り様なのだろう。

ちなみに、最近は、買わないことが多い。単純に、買いに行くのが面倒なだけだが。

« 蓮舫大臣が、首相候補 | Main | 重職心得箇条7.度量 »

ギャンブル」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28289/50360886

Listed below are links to weblogs that reference 年末ジャンボは確率が高いか:

« 蓮舫大臣が、首相候補 | Main | 重職心得箇条7.度量 »