Recent Trackbacks

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« 中国は今後も脅威か? | Main | ねじれ国会では、両院協議会を活用せよ »

January 25, 2011

自民党の終焉~レクイエム~

全くの私見だが、自民党は、もう終わりだろう。
残る道は、政界再編を経ての、新与党しかあるまい。

以前、野党の大物議員だかが言ったそうだ。
「野党が目指すのは政権奪取。…それだけだ」
これが正しいとすると、今の自民党の姿勢は、100%正しい。与党民主党の政策の核心から重箱の隅まで、もれなく批判し、「これを正すのは、政権交代しかない」と、総選挙→政権交代を訴え続けている。
まさに、野党の王道の主張と言える。

しかし、個人的には、1ミリも評価しない。
政権奪取こそが目的なのだとしたら、自民党こそ、さっさと退場して貰いたい。

単純に考えたら、ここしばらくは、衆院総選挙は無いだろう。よって、上記のような自民党の戦略となる。それは分かる。

しかし、私が知りたいのは、自民党に政権を戻したら、どう変わるのか、である。
それが、今の批判一辺倒の自民党からは、見て取れないのだ。

官僚におんぶにだっこで、与党のうま味を骨の髄まで享受し、ひたすら、選挙で再選されることだけを目指していた。
赤字国債発行が、既定路線となるや、無批判にそれを繰り返し、財政赤字を膨張させてきた。

こんな自民党なら、民主党の方が、「まだマシ」だ。
民主党の連中が苦しんでいるのは、自民党のツケなのだ。自力不足が目立つとはいえ、民主は、一応、何とか立て直そうともがいているではないか。

自民党は、あの時代と比べて、何が変わったのか。
今の民主党の政権運営と比べて、どう変わるのか。
これを、これから始まる通常国会で示して欲しい。

与党民主党の批判は良い。それはそれで、立派な国会に置けるチェック機能だ。

自民党の問題は、「それしかしていない」ことなのだ。

長らく政権を取ってきた自民党には、それなりの結果を求める。万年野党だった民主党やその他の政党と、同列にはならない。

国民の多くは、自民党を見放し、民主党を選んだと言うことを忘れてはいけない。ただ単に与党批判の繰り返しでは、一度自民党を見限った有権者の票は、決して戻らないと肝に命じるべきだ。

与党民主党の悪いところ、失政は毅然と批判し、良いところは素直に認める。
そして、対等の立場で、正々堂々と議論を繰り返し、日本と国民が真に求める予算・法案を作り上げて欲しい。

それらの結果を以てしか、自民復権は無いと考えるべきだ。

私は、民主派でもなければ、自民派でもない。
これからの日本を良くしてくれる政党だけを支持するのだ。

« 中国は今後も脅威か? | Main | ねじれ国会では、両院協議会を活用せよ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28289/50685529

Listed below are links to weblogs that reference 自民党の終焉~レクイエム~:

« 中国は今後も脅威か? | Main | ねじれ国会では、両院協議会を活用せよ »