Recent Trackbacks

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« ねじれ国会では、両院協議会を活用せよ | Main | 重職心得箇条9.刑賞与奪 »

January 31, 2011

Windows7には、対応しません

久々に、軽いのをひとつ。
これは、拙作ソフトの対応予定の話である。

Win7には、32ビット版と64ビット版がある。
32ビット版ならば、対応可能なように思う人が多いのだと思う。

事実、拙作ソフトのうち、32ビット版ならば動作するソフトもあるはずだ。
しかし、それは、あくまでも、「動作確認がとれた」と言うだけのことだ。
つまり、2000/XP用に開発したのだが、Win自体の互換性で、Win7の32ビット版でも動作しただけの話だ。
Win7で拡張されたであろうAPIなどは、一切使っていないので、冗談以外では、「対応版」などと表記できない。

どちらのビットでも、最低限、Win7が必要だ。そして、入手の予定はない。
目下のところ、XPを使っていて、何の問題もない。そもそも、このXPだって、Vistaが出てから購入したものだ。Vistaがタコすぎて、使っている年数が延びてはいるものの、新Winへの移行は、sp2が出てから、と言うのが、今までのパターンだ。
よって、当分、XPを使う。7が手元に無いのだから、作りようがない。

次に、開発環境が必要だ。
最低限、無料の統合環境が無いといけない。
フリーソフト用に、ン万円も払う気はない。
もちろん、コンパイラさえあれば、開発可能なのだろうが、そんな苦行は、一切お断りだ。非GUIアプリだって、統合環境で作っている私としては、統合環境こそが、「開発環境」なのだ。

そして、欲を言えば、Delphiの無料版が欲しい。
Webアプリなんて作らないから、ネイティブコードをはき出せるレベルで良い。

まあ、無理か。
よって、VC++か、V#の無料版となるだろう。
そして、両者とも、まともに使ったことがない。

どうせなら、と、V#2005あたりを入れてみたのだが、なんか、まだ、VC++みたい。
しっかり、浦島太郎状態なのだが、この方面では、大して進んじゃいない事だろう。

だって、私がDelphiの新版を求めるように、VC++使いは、これの新版を求めるはずだからだ。

時に、VC系の人って、どこで情報仕入れているの?
Delphiならば、Nifのフォーラムもあったし、Webでも、いくつも見つかる。
フリーのコンポーネントも、いっぱい見つかる。

でも、VC系のは、見つからないのだ。
探し方が悪いのかも知れないが、ヒットしない。

どこで見つけているの?

たとえば、IMEのON/OFFの仕方、なんていうのは、どこで知るのかな?

なんか、「VC使いの常識」みたいなもんがあるような気がしているが、ド素人には、たどり着けないんですけど。

かくして、「Win7には対応しません」となる。

「Win7に対応するOSと統合環境がありません」
が、正確な表現になるが、まあ、どっちでも「いみふめ」なことだろう。

もちろん、最新Win7機、VC#のセットで寄付があれば、速攻で取りかかりますけど、まあ、無いな。

« ねじれ国会では、両院協議会を活用せよ | Main | 重職心得箇条9.刑賞与奪 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28289/50739520

Listed below are links to weblogs that reference Windows7には、対応しません:

« ねじれ国会では、両院協議会を活用せよ | Main | 重職心得箇条9.刑賞与奪 »