Recent Trackbacks

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« 妥協でも折衷でもなく改革案を | Main | 社会保障改革案 »

February 09, 2011

草食系男子急増の影にあるもの

非難囂々となる可能性もあることを承知で書く。

もちろん、草食系男子(以下、草食系)自身にも問題があるのだろう。
望ましい女性像が、現実から乖離し、その結果、女性達とマッチしなくなっている可能性が高い。

しかし、責任の全てを、草食系自身や、その親や世間に押しつけるのは、少し違うと思っている。

責任のいくらかは、対象となる年齢層の女性にもあると考えている。

草食系のうち、かなりの割合が「萌え系」や「フェチ系」で、残りが、「無気力系」なのではないのか。

マスコミの論調としては、全てが無気力系と見なし、一方的に草食系をなじっているようにしか思えない。

ただ、無気力系への非難自体は、そのまま首肯しうるので、詳しくは書かない。

フェチ系に関しても、特に、論評しない。
これは、特殊であるものの、現実の女性の一部分を取り上げて、興味を示す場合も多く、着眼点が特殊なだけで、現実の女性に向かうという点では、普通人と同じなので、無視しうる差異だと思う。
下着フェチ、靴フェチなどは、問題アリアリだが、これらは、現実の女性とつきあえない不満が、それらに向かったもので、屈折してはいるものの、興味の対象が現実の女性に向かっているという点では、ここで書く必要を感じない。

問題は、萌え系だ。
萌え系というと、若い女性嗜好と勘違いしやすいようだが、アニメ、漫画、ゲームのキャラなどに萌えている連中も数多い。

何故そうなってしまうのか。
それは、これらの萌えキャラならば、自分を傷つけることがないから、だろう。
当然、生理的な属性も備えておらず、失望する事もあり得ない。

となれば、言い換えれば、現実の女性達に失望した結果とは言えないのか。

オタクの極言と言いきれるのだろうか。

その参考対象を、親の世代まで広げて考えたら、あり得ないと言いきれるのか。

デート中は、彼女を楽しませることを強要され、費用は一切男持ち。彼女からは何もしないのは当たり前で、プランなども一切男がしなければいけない。
そのくせ、料理、裁縫、掃除など、男が求める属性は、一切無視。
男が暇な時は、こちらの都合などお構いなしに誘ってくるが、男が忙しい時に断ると烈火のごとく怒る。

結婚すれば、専業、兼業に関係なく家事を分担させられ、エッチは、そのうち拒否される。
小遣いは年々減らされ、子供が小さいうちは、育児をさせられるが、成長するにつれて、粗大ゴミ扱いとなる。

そして、結婚している・いないに関係なく、かなりの確率で、浮気をする。

こんな親父達や友人達をみていて、脳天気に、女性をくどく気になるのだろうか。

上記の批判の羅列を、女性達のほとんどは、同意しないことだろう。
かなりの割合の女性が激高し、残りは、あざ笑いながら無視するだろう。

しかし、男連中に聞いたら、どういう反応が返ってくるのか。
おそらく、非難してくる男達の多くは、女性達と宜しくやっている連中か、愛すべき女性と巡り会えた連中だろう。

ほとんどの男は、ノーリアクションのはずだ。

つまり、「間違っている」と批判はしないが、自分だけは別、と、根拠もなく考えていそうな気がする。

独身男が珍しくなくなり、一人暮らしを支える食料品、便利な家電製品も増え、生活に困ることは激減している。
加えて、世間から白い目で見られることも激減した。
出世に響く業種も少なくなっているはずだ。

後、残るは、子供だけじゃないのか?
子供さえ諦めれば、草食系のままでいても、さしたる問題は無いような気がする。

自分が望む女性に出会ったら結婚し、そうでなければ、草食系のままでいればいい。

男が望む女性でないくせに、迫ってこない男連中を非難している。

実は、それが、事実の半分の要因なのでは?

ま、そう言ったことを卒業しつつある、中年男の戯言とあざ笑って頂ければ結構。

本気で良縁に巡り会いたい女性だけが、納得して貰えればいい。

さあ、あざ笑う準備をば。

« 妥協でも折衷でもなく改革案を | Main | 社会保障改革案 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28289/50822462

Listed below are links to weblogs that reference 草食系男子急増の影にあるもの:

« 妥協でも折衷でもなく改革案を | Main | 社会保障改革案 »