Recent Trackbacks

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« 災害対処、急ピッチ | Main | 脳天気のススメ »

March 16, 2011

原発危機をふまえ、廃止・縮小へ?

おそらく、今回の原発危機を契機に、世界的に原発の見直しがなされ、縮小傾向となるだろう。

しかし、それで良いのか?

そもそも、原発が危険な発電施設であることは、誰でも知っている。
運用している各電力会社だって。

にもかかわらず、原発が作られ続けているのは、それ以外に、現在の電力需要を賄う方法がないからだ。

確かに、二の足を踏みたくなる理由は分かる。
世界最高峰の設備と、最高のスタッフを備えた日本で、メルトダウンの危機に直面しているのだから。

老朽化した設備や不慣れなスタッフだったとしたら、今日現在、2~3機メルトダウンしていても不思議ではない。

最高峰の練度を誇る日本のスタッフが、しかも命を賭けて、ようやくぎりぎりの状態にあるのだ。

しかし、今の人類は、代わりとなる発電方法を持っていない。
水力は既に設置に適した場所は日本には無い。
火力は、温暖化の主因となってしまう。
風力、地熱、太陽熱などは、コスト的に無理がある。

他に選択肢はないのだ。

たとえば、今、東日本で行われている計画停電を、恒久的に受け入れるのならば、まだ、道は残されている。
しかし、今後50年程度継続されて、首肯しうる人は、極めて希なことだろう。

ただ、根本的な解決のきっかけにはして欲しい。

一番有力なのは、ソーラーだろう。
単位面積当たりの発電量とNAS電池の蓄電容量を現在の10倍程度にすれば、単純計算で、コストは、1/10になる。
これなら、主力のひとつには、なり得るだろう。

風力、地熱なども、まだまだ、改善の余地は残されている。

これらのクリーン発電を強力に推進し、脱・原発を実現して欲しい。

それこそが、放射能を浴びながら、日本を守るべく、命を賭けている東電スタッフの願いでもあるはずだ。

日本の技術力を結集して、ソーラーパネルの高機能化を図って欲しい。
十倍でなくても、数倍程度で、状況は変わるかも知れないのだから。

« 災害対処、急ピッチ | Main | 脳天気のススメ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28289/51134027

Listed below are links to weblogs that reference 原発危機をふまえ、廃止・縮小へ?:

« 災害対処、急ピッチ | Main | 脳天気のススメ »