Recent Trackbacks

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« 原発危機をふまえ、廃止・縮小へ? | Main | 「ワンピース」現象 »

March 17, 2011

脳天気のススメ

東日本大震災のことである。

冷静に考えると、私が出来ることは、さほど無い。

中部電力な地域なのだが、既に、限界いっぱいまで、東京電力に送電しているそうだ。そして、まだ、余裕がある。

東と西では、電力の周波数が違うことは、よく知られている。
今回のように、周波数が違う地域から送電する場合は、変換してから送ることになるようだ。で、その変換器が古く、少ししか送れないそうだ。

当然、大容量にすべく、対応中だったのだが、到底間に合わないそうだ。
年単位の時間が必要らしい。

よって、節電するのは、「苦しみを分かち合う」以外の意味はない。

だから、私達は、無意味な節電をするよりも、余った電力をせっせと使い、いっぱい金を稼いで、その分、せっせと援助した方が、助かるのではないのか?
そのための節電ならば、無意味ではない。

TVを見ながら同情していたって、何もならない。
人間的は、好ましい人たちなのだろうが、被災地の助けにはならない。

せっせと稼いで、いっぱい募金しましょ。

で、と言う話である。

私は、悲観的になるのをやめた。

今現在、東電のスタッフが、命を賭けて戦っているのは知っている。
放射能の恐怖と戦いながら、自衛隊や消防の人たちが戦っているのも知っている。
私の想像を遙かに超える修羅場なのだろう。

だが、私に出来るのは、募金以外では、声援を送る位のものだ。まだ、一般人のボランティアが入れる状態ではないのだから。

で、どうせ声援を送るのなら、涙を流しながら、息も絶え絶えに声援するよりも、「絶対に良くなる」と信じて、応援してあげた方が、聞いている方も、元気が出るのではないのか?

修羅場で戦っているスタッフに声援を送るのなら、いかにも心配そうに、
「本当に大丈夫?やれるの?」
と問いかけるより、
「お前ら、最高だぜ。頼んだぞ。俺らもやれることはやるからよ」
と、送り出した方が、勇気が出るのではないだろうか。

未来を信じて、明るく祈った方が、マシなのではないのか。

ま、「せっせと稼いで、その分、援助する」という大前提あっての話だが。

« 原発危機をふまえ、廃止・縮小へ? | Main | 「ワンピース」現象 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28289/51142893

Listed below are links to weblogs that reference 脳天気のススメ:

« 原発危機をふまえ、廃止・縮小へ? | Main | 「ワンピース」現象 »