Recent Trackbacks

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« カシワバアジサイ | Main | Googleカレンダー復旧 »

June 23, 2011

ETCの大きさも規格化を

有料道路の料金を自動的に支払うアレである。
ほとんどの車はオプション扱いだが、あらかじめ設置スペースを用意してある車が多い。
しかし、純正ETC以外は、はまらないケースが多い。
何とかならないのか?

オプション扱いのもので、需要が多いのが、カーオーディオ、ナビ、ETCだろう。

このうち、カーオーディオとナビは、規格化が進んでいる。
小型車では、例外もあるが、中型以上だと、ほぼ大きさが決まっている。
これを、「DIN」と呼んでいるようだ。
小さめのカーオーディオだと、それを一つ使い、1DIN使用する。
大抵は、2DIN分用意されているので、カーオーディオだけをつけた場合は、残りの1DINは、小物入れなどになっている。

ナビでディスプレイをはめ込むタイプの場合、2DIN使用する。この場合、カーオーディオを入れるスペースが無くなるので、ナビ自身が、カーオーディオの機能も持っている場合が多い。
何はともあれ、好きなパーツを買ってきても、後からすっきり収まる事になっている。

要するに、タワー型のPCケースの5インチベイの自由度を増した感じである。

PCケースの場合、HDD、FDD取り付け用に3.5インチスロットも用意されている。こんな感じで、ETCスロットとして、規格化できないか?と言っているのだ。

ETCの場合、ここを使うのは、アンテナ分離型だろう。一体型の場合は、ダッシュボード以外の選択肢はなく、ここを使う事はあり得ない。
よって、最近のETCならば、規格化して大きさを決めてしまっても、内部には余裕があるはずで、何の問題もないだろう。むしろ、本体ケースを流用できる事で、コストダウンも図れる。

あと、取り付け方法も、何とかならないか。
ナビにしろETCにしろ、やる事は、ケーブル類の接続と本体の固定だけである。
ナビとETCでは、必要となるケーブルの数も種類も違うが、結局のところ、所定の場所に接続するだけの事で、大差はない。

最大の問題は、インパネを外す行程だ。この一点で、一気に難易度が跳ね上がる。
ユーザーがインパネを外すなんて言う状況は、この3つのオプションパーツの取り付け・交換以外には、まず考えられないのだから、この部分だけ、カバーを外し易くできないか?

PCのタワー型ケースとの最大の違いは、安全面だろう。
該当カバー部分をねじ式にして、ねじ位置を分かりやすく設計する事は容易だろうが、衝突時に外れて搭乗者を傷つける様な仕様は、許可されないだろう。

なので、PCケースよりも大変な設計作業に成るのは、分かるが、何とかならないか?

とりあえず、ETC本体の大きさを決めるくらいなら、すぐに出来るはずだ。
設置は、ディーラーなり、カーショップのプロがやるとしても、設置場所に悩む事もなく、余計な調整作業もいらなくなり、恩恵はあるはずだ。

ETCなんて、セットアップ+取り付け工賃で、本体よりも高いんだもの。取り付けくらいは自分でやりたくなるが、敷居が高すぎて、手に負えない。
で、せめて、設置場所くらいは規格化して欲しいという主旨である。

ま、当家の財務大臣の許可が下りるまでの戯言かも知れないが。

« カシワバアジサイ | Main | Googleカレンダー復旧 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28289/52023185

Listed below are links to weblogs that reference ETCの大きさも規格化を:

« カシワバアジサイ | Main | Googleカレンダー復旧 »