Recent Trackbacks

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« Googleカレンダー復旧 | Main | 節電のために車のエアコンも温度を上げよう »

June 30, 2011

一人暮らし3割突破

多い順に並べてみると、

一人暮らし 31.2%
夫婦と子供 28.7%
夫婦のみ 19.6%
その他 11.7%
一人親と子供 8.8%

となる。
(あっちこっちのWebをあさった)

一人暮らしの中には、高齢の独居老人もいるだろうし、勤労世代の男女も含まれているはずだ。

基本的に、15歳以下の一人暮らしは、まず無いはずだから、ほとんど大人という事になるだろう。

3位の夫婦のみにも、高齢世帯分も含まれているはずだ。

こうしてみると、以前よりも、購買層を絞り込みにくくなっている事が見えてくる。

以前は、親子で構成されるファミリー層が一番多かったわけで、老人との同居を含めると、半数以上の家庭が、いわゆる「ファミリー層」だったはず。

そこで、これらの層をターゲットにした「ファミリー向け」と言う戦略が成立していた。
それが、パイの減少と共に、成立しなくなってくると考えられる。

成人で独身の一人暮らしという世帯が増加しているようだが、決定的な割合と言うほどでもない。
やはり、バラバラというのが、素直な見方だろう。

これからは、日本の家庭に広く当てはまる商品・サービスは、成立しづらくなってくると思う。

ターゲット層を絞り込まない商品・サービスは、どの層にも不満が残り、今時、成立しないだろう。
よって、ターゲット層を絞り込む事になる。

が、しかし、その絞り込む層が、存在しなくなってきているという事なのだ。

広いターゲットを対象にして、そこそこの商品・サービスを提供し、アイドルタレントやでっち上げた流行で煽り立て、一時的に売り上げを伸ばす事は可能だろう。しかし、そんなもの、長期間にわたる定番商品には、なり得ない。

いっそのこと、セミオーダーにして、カスタマイズ性を上げて、対象を増やすのも一法かも知れない。だが、この方法だと、ボロ儲けは到底見込めない。

結局、ターゲット層を絞り込んで、その層にだけベストマッチする製品・サービスをきめ細かく提供していくしか無くなるだろう。

ますます、「笑いが止まらないくらいのボロ儲け」が、夢のまた夢と遠ざかっていく。

料理番組だって、以前のように、「馬鹿の一つ覚えの4人前」では、成り立たなくなっているのだ。
おそらく、計算しやすい2人前が定番になっているんじゃないだろうか。

ちびまる子ちゃんは、作者の実話に基づいた家族構成だから、変えようがないが、架空の設定であるサザエさんちの家族構成は、ノスタルジーと見なされるようになる可能性すら考えられる。

三世代同居は、田舎にだけ成立する特殊な家族構成ってか?

これからは、特定の層にだけ爆発的な支持を受けるスマッシュヒットしか、望めないかも知れないよ。

« Googleカレンダー復旧 | Main | 節電のために車のエアコンも温度を上げよう »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28289/52085776

Listed below are links to weblogs that reference 一人暮らし3割突破:

« Googleカレンダー復旧 | Main | 節電のために車のエアコンも温度を上げよう »