Recent Trackbacks

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« AKB+草食系=チッチキチー | Main | 地デジ難民多発か? »

July 21, 2011

石川遼、次の段階へ

自身のブログで明かしているように、プロゴルファーとしては、次の段階に入ったようだ。

彼や彼の父親がマスコミに対して言っていたのは、大体次のよう。

プロとして通用するのは、ドライバーくらいのもの。
風やコースに関わらず、ドライバーでかっ飛ばして近くに寄せ、後は何とかカップに放り込むしかない。
練習時間が取れないので、他のクラブを練習する時間はない。

これに対して、ドライバーに関しては、一定の成果が出たようだ。
海外トーナメントでは、ガタガタだったようだが、そんな中でも、ドライバーだけは、ちゃんとしていたらしい。
これは、プロデビューしてからの地道な練習の成果だろう。

次は、普通に考えて、アイアンの精度だろう。
アイアンの守備範囲は、とても広い。

ショートコースでの1打目
ロングアイアンでの寄せ
グリーン付近からの寄せ

ざっと上げただけでも、これだけある。
細かく分けたら、無数にあるだろう。

「ほとんど踏み固めた土」みたいなライから打って、鏡のようなグリーンにピタッと止めないといけない事だってあるだろう。

また、カップに向かって下りなのに、行く手には池やバンカーが待ち受けているなんて事も。

ドライバーは、方向性と距離だけ合えば、そこそこいけるはず。
しかし、アイアンは、千差万別な状況に応じて、様々なテクニックを使い分けないといけない。

風が強くて、タイガーですら1打目をアイアンで打っていたのに、あえて、ドライバーを振った石川遼。
きっと、唇をかみしめた事もあったろう。

しかし、そんなドライバー修行も、一定の成果を得たようだ。

この一連の修行が終わった時、全米オープンの最終日に、最終組で回れるのかも知れない。

いつか訪れるその日を夢見て、いまは、地道なアイアン修行に、エールを送ろう。

« AKB+草食系=チッチキチー | Main | 地デジ難民多発か? »

スポーツ」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28289/52269986

Listed below are links to weblogs that reference 石川遼、次の段階へ:

« AKB+草食系=チッチキチー | Main | 地デジ難民多発か? »