Recent Trackbacks

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« 重職心得箇条16.機密 | Main | 脱原発宣言は誤りか? »

July 14, 2011

SMSの相互接続開始

SMSとは、ショートメッセージサービスの略で、WebやEメールが使えない状態の携帯でも送れるサービスだ。
意外に便利に使えるのだが、異なる携帯会社の携帯を使っている人には送れなかった。

しかし、昨日から、相互接続が開始され、送れるようになった。
早速試そうと思ったが、送る相手がいない。

業界の知り合いばかり放り込んであるグループを整理した。
固定番号のみ(デフォルト)、携帯番号ありでメルアド無し(SMS)、携帯メルアドを知っているグループ(@)の3つに分けた。

それはいいのだが、肝心のSMSグループには、たいした相手が残らなかった。いきなり送ったら、確実に戸惑うであろうおっさんばっかりで、説明が長くなりそうなので、やめたのだ。
簡単な説明で済みそうな相手も残ったが、SoftBankユーザーなので、もともとSMS送っていた相手であり、テストの意味はない。

これからは、携帯番号さえ知っていれば、相手が嫌がっていない限り、SMSで送れるという事になる。
これは、朗報だ。

ただ、注意点もあるので、一応書いておく。

・送信は有料である

細かい点は違いがあるが、パケット代定額サービスには含まれないようだ。
無料通話分にカウントしてくれる携帯会社もあるが、これも、形を変えた有料だろう。
SoftBankなどは、ホワイトプランユーザーが多いためか、バッサリと有料扱いにしてくれた。(^◇^;)

まあ、一通3.15円なので、かろうじて許容範囲か。
もともと、年に数回しか送るチャンスはないのだから。

そうそう。Eメールと違い、受信は各社とも無料である。

・SPAMが増えるかも

携帯アドレスさえ知っていれば送れると言う事は、SPAM業者にとっても朗報だ。普通のメルアドよりも、一桁10パターンしかない数字の羅列の方が、明らかに想定しやすいからだ。最初の3桁は、決まりがあるので、残りの8桁を生成すればいい。
SoftBankなどはこの対策のためか、一日当たりの上限数を500通から200通に減らしたようだ。

ただ、根絶は不可能だろう。

まあ、対処は、EメールもSMSも大差ない。見覚えのないメールは速攻削除する一手だ。
携帯によっては、「アドレス帳に登録していない相手は、迷惑フォルダに送ってしまう」などの機能を持っている機種もある。こういった機種を使っていれば、積極的に設定したいものだ。

何はともあれ、ようやくガラパゴス日本のSMSも世界標準に近づいたのだから、不正利用の横行のために、サービス中止にならないように、適正に使いたいものだ。

……いや、ぜったいに荒らさないでね。

« 重職心得箇条16.機密 | Main | 脱原発宣言は誤りか? »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28289/52206194

Listed below are links to weblogs that reference SMSの相互接続開始:

« 重職心得箇条16.機密 | Main | 脱原発宣言は誤りか? »