Recent Trackbacks

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« ノートPCのバッテリは規格化を | Main | 保安院は正常に機能していた »

August 13, 2011

後期高齢者医療制度は存続を

各方面から抗議が相次ぎ、廃止することになり、2012年度いっぱいで廃止されるらしいが、廃止するには、関連法の成立が必須で、当然の事ながら、廃止法案も、新たな制度の法案も、雑談すらされていないのが現状である。

私の考えでは、細かい調整不足の面はあるものの、大筋では妥当な制度だと思っている。

それについて書いてみたい。

年齢で高齢者を線引きするな

以前の制度は、70歳で線引きされて、老人保健と言われていました。それとどこが違うの?
また、新制度の「年齢で区別しない制度」ってなに?それって制度的に成立するの?

負担が増えた

そりゃそうでしょ。破綻寸前の健康保険制度を維持するために、老人達にも、一定の負担をして貰おうという主旨なんだから。でも、マスコミが騒いでいるのって、政管健保や健保組合の扶養家族扱いだった老人達だけじゃない?老人所帯の人たちは、以前から国保の保険料を払っていたから、それほど、「変わった」って、感じてないよ。
少数の意見だけを、あたかも普遍的な問題点のように言うのって、公平じゃないよ。

そもそも、制度が根本的に間違っている

具体的にどこが?
「いい」とは、言いませんが、それなりにやむを得ない制度だと思いますけど。

それに、老人に押しつけられない負担金を、各保険者に割り当てた結果、その負担に耐えきれず、健保組合がバタバタと閉鎖に追い込まれたのって、覚えてますか?現在の健康保険の財政状況は、それほど、せっぱ詰まっているんです。

老人の負担を減らすどころか、もっと増やさないと、破綻してしまう可能性が高いんですよ。
それでも、払いたくありませんか?

名前が気にくわない

国の制度に関して、個人的な嗜好を挟まないで。
それに、高齢者を65歳以上にしたのも、前期・後期に分けたのも、WHOです。厚労省じゃありません。

この制度になって地方の各種負担が増えた

そんなの知りません。完璧な制度なんて、一言も言ってませんよ。問題があったら、折衝して改良したら?
ま、被保険者には、関係ないから、お役所内で、頑張ってね。

« ノートPCのバッテリは規格化を | Main | 保安院は正常に機能していた »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28289/52464758

Listed below are links to weblogs that reference 後期高齢者医療制度は存続を:

« ノートPCのバッテリは規格化を | Main | 保安院は正常に機能していた »