Recent Trackbacks

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« 後期高齢者医療制度は存続を | Main | 政治家画像の有料販売はいかが? »

August 19, 2011

保安院は正常に機能していた

保安院長に就任した深野弘行氏は、
「同じ役所の中に規制側と推進側があることにより、安全規制がゆがめられた事は無かったように思う」
と述べ、それまでの保安院の有り様に問題はなかったと言う見解を示した。
(中日新聞 今日の朝刊)

まず最初に言っておきたい事は、この発言は、間違っていないという事である。

そもそも、官僚は、間違っている事は言わないものだ。
連中が気をつけるのは、「明らかに間違っている事を言わない」と言う点だ。
だから、「ある意味ではそうだが」というのは、OKなのである。

そう言う意味で、上記のコメントは、「間違っていない」と考えている。
そして、これは、「正しい」を意味してはいない。
あくまでも、間違っていなければいいのだ。

これは、典型的な官僚言葉の一つだろう。

で、一般人向けの日本語に訳すとどうなるのか。

ポイントは、「安全規制がゆがめられた」だろう。
何がどれだけゆがめられようが、「安全規制」がゆがめられていなければ、上記のコメントは、「間違い」ではない。質問者の意図からすれば、一般的には、「間違い」に分類すべきなのだろうが、そう言う事実はないので、不適切とは言えないのだ。

要するに、原発推進ありきの規制を作っておき、それを忠実に守っていれば、後から「ゆがめられる事」は、あり得ないわけだ。
上記のコメントでは、「そもそも、その規制が妥当か」と言う点など、いっさい言及していないのだから、「間違ったコメント」とはならない。

騙されてはいけない。
結局のところ、ノーコメントと大差ないと言う事だ。

« 後期高齢者医療制度は存続を | Main | 政治家画像の有料販売はいかが? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28289/52515499

Listed below are links to weblogs that reference 保安院は正常に機能していた:

« 後期高齢者医療制度は存続を | Main | 政治家画像の有料販売はいかが? »