Recent Trackbacks

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« 保安院は正常に機能していた | Main | 週刊誌、冬の時代へ »

August 26, 2011

政治家画像の有料販売はいかが?

自民にしろ民主にしろ、一番頭の痛いのは、支持団体対策だろう。
一番肝心な団体票をくれるのだから、何より有り難い組織だが、その反面、かなりの配慮を求められる。

次は、さしずめ、寄付をくれる業界団体だろう。
議員になれても、軍資金が無い事には、何も出来ないのだから。
でも、配慮を要す点では、支持団体と同じだろう。

かくして、政権政党がどこになろうが、自由な政治など、夢のまた夢と化し、様々な圧力をどうさばくか?が、最重要課題となる。

……これでいいはずがない。

とりあえず、カネの問題から考える。

一番望ましいのは、個人献金だけにする手だろう。
現在でも、個人献金は行われているが、あれは、形を変えた企業献金であって、本来の意味での個人献金は、ほとんど行われていない事だろう。
まあ、あっても、公明、共産くらいのものか。

これを、個人献金オンリーに切り替えたら、何が起きるか。

各議員は、特定の業界に配慮する必要が無くなる。
電力会社からの献金等が無くなれば、電力自由化も原発廃止も、本当の意味での国民目線で、心ゆくまで議論を戦わせる事が出来る。

実は、これが各議員の夢なのではないのか。

時に、携帯サイトで、各議員の写真の有料販売などはいかが?
携帯で公式サイトに行くと、トップからリンクが張られていて、各議員の画像購入サイトにいける。そして、着うたと同じ手順で、画像を購入し、ダウンロードする。価格は、さしずめ、1枚100円程度とする。

まあ、別に画像でなくてもいいが、一番邪魔にならないのがこれだろう。
ダウンロードしたら、速攻で削除すればいいのだから。
「美しすぎる市議」だとか「元芸能人の○○」じゃあるまいし、一癖も二癖もあるおっさんの画像なんて、携帯メモリーの肥やしにすらしたくない。
速攻で削除が適当だろう。

これなら、新たにシステムを構築する必要もないし、外部の会社に委託するだろうから、各種官庁の監査の目も届きやすい。

たとえば、アンケート的に言えば、「政治に関心がある」「どちらかと言えばある」という成人たちが、3千万人と仮定する。この層の場合、毎月の100円の寄付が、経済的に重荷になるとは、到底思えない層である。
おそらく、金額よりも、購入するという動作そのものがネックになりそうな世代が大半を占めるはずだ。

三千万人が100円寄付すると、実に30億円になる。
二ヶ月に一度購入すると仮定すると、年に180億円だ。
これなら、十分に、「政治資金」として、あてに出来る金額だろう。

しかも、この全てが、「ひもなし」の金なのだ。
議員ならば、よだれが止まらないはずだ。
国から貰える議員歳費、政党交付金以外に、これだけ貰えるのだから。

その実現のためにしなければいけない事は、有料携帯サイトを事実上運営している会社に電話するだけだ。

政治資金規正法などをクリアすれば、なんの支障もなく、夢の個人献金が現実のものとなる。

しかめっ面の蓮舫さんの画像をクリックして購入したら、届いた画像は、満面の笑みで手をさしのべている画像だったなんて、支持者にはたまらないだろう。
ま、これが、小澤さんだったら、別の意味で貴重かも。

様々な面から問題がないか検討し、実現可能なら、やってみてはいかが?
……ひも無しの金でっせ?旦那方。

« 保安院は正常に機能していた | Main | 週刊誌、冬の時代へ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28289/52572391

Listed below are links to weblogs that reference 政治家画像の有料販売はいかが?:

« 保安院は正常に機能していた | Main | 週刊誌、冬の時代へ »