Recent Trackbacks

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« 中日マジック9(USA) | Main | iPhone用ペン入手 »

October 12, 2011

TPPは、まとまらない

TPP(環太平洋経済連携協定)に参加するかどうかの議論が、急に始まった。

しかし、こんなもの、まとまるはずがない。
だって、両者の利害が、全く相反しているのだから。

経済界は、諸手をあげて賛成だろう。
製品にしろ、部品にしろ、関税が無くなるのだから、バカバカ売れる様になる事だろう。輸入品の価格だって下がるが、日本人はブランドにこだわるから、海外生産→逆輸入業者のコスト削減に役立つくらいで、実害は少ないと思う。

最大の問題は、農林水産業、特に、農業だろう。
水産業は、既に、世界各地から輸入しており、また、遠洋漁業だって、以前からある。
やはり、一番打撃を受けるのは、中小零細農家が多い農業に違いない。

ただ、間違えてはいけないのは、スーパー店頭に並んでいる野菜などは、零細農家などは、いっさい関係ない。スーパーに納品しているのは、大・中農家なのだ。なので、自家消費が中心の零細農家への影響は、極めて少ないはずだ。

つまり、実家のじいちゃん・ばあちゃんが作っている野菜は、元々タダで貰っているのだから、TPPの影響は受けないという事だ。

この辺をマスコミがミスリードし、
「細々と農業を続けているお年寄りの暮らしが切迫する」
などという、事実に反する緊急レポートを平気で垂れ流したりしかねない。

1~2反の畑で野菜を作り、スーパーに納品している零細農家が、どれだけあるというのか。

うちの近くの農家は、青空市場で週一回売る人がちらほらいる程度で、ほとんどは、自家消費だ。
誤差の範囲内と言える。

ただ、実際に、我々の口に入る野菜・米を作っている大・中農家への対策は、齟齬がないようにしないといけない。これらの農家が廃業してしまえば、影響範囲は極めて大きく、被害は甚大となる。

もしそうなったら、我々は、国産野菜を食べられなくなってしまいかねない。

このように、打つべき手は、いくつか見つかるものの、「さっさとやれ」状態の経済界と、「零細農家がつぶれる」などとミスリードされた農業界の対決なのだから、妥協点など、あるはずもない。

また、何も考えもせず、ただ先送りしていた官僚達に、降って湧いたような大問題への対処が出来ているはずもなく、官僚のサポートは期待できない。よって、今回は、「落としどころ」は、存在しないだろう。

きっと、最後まで議論紛糾するばかりで、妥協点などは見いだせないはず。

最後は、リーダーの決断になるだろう。
加入・未加入のどちらを選んでも、利点と欠点がある。しかも、どちらも、無視できない要素を多分に含む。

つまり、副作用を承知で、どちらかを選ばないといけないのだ。
こんな決断をするのは、総理大臣しかいないだろう。

よって、野田総理の決断に、全てがゆだねられる事になる。

……時に、某総理は、「決断」という単語を知っているのだろうか?

……うーむ。

« 中日マジック9(USA) | Main | iPhone用ペン入手 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28289/52974741

Listed below are links to weblogs that reference TPPは、まとまらない:

« 中日マジック9(USA) | Main | iPhone用ペン入手 »