Recent Trackbacks

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« 普天間基地移転問題最終決着 | Main | A4手帳メモのススメ~2.折り方~ »

February 11, 2012

A4手帳メモのススメ~1.概要~

1.概要

ミスコピーの裏などを折って、手帳に挟み込んで、メモとして使う方法である。
気軽に使い捨てられるという点から、ミスコピーの裏を使うのがお薦めであるが、あえて、新しい用紙を使って、裏を大きなメモ欄として使う方法もある。

2.発想の発端

そもそもは、「超」整理手帳である。ただ、本家のは、A4の短辺が手帳高さになるため、高すぎて使っていない。しかし、そのアイデアはすばらしいので、高さを調節して、常用手帳に差し込んで使っている。
主な用途は、印刷したウィークリー(バーティカル)である。ただ、本格的なメモ欄としては使っていなかった。

で、最近、おもしろい手帳を見つけた。
薄いメモ帳
である。
これは、用紙の短辺をさらに半分に細く折り、最終的にA7サイズにして、差し込んで使う形式だ。
思いっきりツボにはまったのだが、よく考えたら、それほどのメモは、書いていない。とっても残念なので、「超」整理手帳に流用しようとした次第である。

そうそう、薄いメモ帳は、全部で8ブロックあり、そのうちの7つを使う。……ということは、そのまま、ウィークリーにならないか?
とってもおもしろそうだが、肝心のフォルダーを持っていないし、スケジュールを書く場所には困っていないので、パスした。

なお、薄いメモ帳式の場合、次のページを見失いかねないので、一太郎でタックシールとして用紙を登録し、ページ数だけ書かれた白紙の用紙を作成した。
こうすれば、用紙だけを持って、A7サイズのメモとして使えるようになる。ページの文字で上下もわかる。
わざわざ、ワープロで印刷しなくても、手で番号を書いておくだけでも事足りる。この形式を選択した方は、念頭に置いておかれるといいだろう。

3.利点

一番の利点は、最高コストでも、新品のA4コピー用紙代だけという点である。ミスコピーの裏を使えば、廃物利用になる上にタダである。ならば、気軽に書き捨てられるというものだ。この敷居の低さは、画期的だと思う。

加えて、折っただけで、もともとA4用紙である。引っこ抜いて広げれば、ふつうのA4サイズのメモとなる。
コピーするなり、スキャンするなり、そのままファイリングするなり、自由に出来る。

メモというのは、いつの時点で「大事なデータ」となるのか、予測できない側面を持つ。しかし、この方法なら、とりあえずファイルしておいても、たいしたスペースにはならない。
一ヶ月、一年単位で廃棄すれば、問題にはならないだろう。

4.欠点

特に思いつかないが、強いてあげれば、挟み込んだ部分は、メモできないということだ。

しかし、「超」整理手帳式でも3面、「薄いメモ帳」式だと6面も使えるので、許容範囲だろう。
せこいこと言わずに、さっさと次の用紙に差し替えるのが吉である。

5.さいごに

長くなりそうなので、折り方は、項を改める。

似たようなことを実践している人は、結構いるだろうが、Webで見かけないので、参考までに書くことにした。

気に入らなくても、差し込んだ用紙を引っこ抜くだけのことなので、お気軽にチャレンジして欲しい。

« 普天間基地移転問題最終決着 | Main | A4手帳メモのススメ~2.折り方~ »

スケジュール」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28289/53956315

Listed below are links to weblogs that reference A4手帳メモのススメ~1.概要~:

« 普天間基地移転問題最終決着 | Main | A4手帳メモのススメ~2.折り方~ »