Recent Trackbacks

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« A4手帳メモのススメ~2.折り方~ | Main | 河村名古屋市長の舌禍事件 »

February 21, 2012

毀誉褒貶

「きよほうへん」と読む。
けなす言葉と褒める言葉が二つずつ交互に並んでいて、賛否両論あるということだろう。
「毀誉褒貶相半ばする」といった使い方をされるらしい。

政界で言えば、真っ先に、小澤一郎が思い浮かぶ。

財界で言えば、すでに、「半分政治家」といえなくもない、読売のナベツネを思い浮かべる人もいるだろうが、私の中では、釣り合っていないので、該当しないものと考える。

あとは、強いてあげれば、孫―あんぽん―正義が該当するか。
「あんぽん」とは、彼の昔のあだ名である。
その意味、由来については、軽々しく言及できないので、割愛する。
念のため付言すれば、「あほ」という意味ではない。

小澤一郎については、先頃、秘書の取調調書が、ほとんど証拠採用されず、無罪判決が出る確率が急上昇し、支持者が大喜びしているようだ。

この小澤、今年は行われるかもしれないとささやかれている衆院総選挙の行方を決めるキーマンであることは、ご存じだろうか。

現在、民主党の支持率は、右肩下がりに凋落の一途をたどっている。
しかしながら、ライバルの自民党の支持率は、それに伴って上昇しているか?といえば、そうでもない。

自民党政権はもうこりごりだ。
だが、民主党は、素人丸出しで、結局、やりたいことも満足に出来無いどころか、国際政治の分野でも、素人故の弊害が出だしている。

結局、民主党政権がもたらしたものは、国際的な日本の地位の低下と、陰に隠れていた官僚支配を、白日の下にさらしたということだろう。

要するに、次の選挙では、最大勢力である無党派層は、投票先を見失っているのだ。

民主党は、だめっぽい。
さりとて、自民党に、戻る気も無い。
それ以外は、論外。

この辺が、素直な実感だと思っている。

そこで、民主党が、小澤を担ぎ、選挙後もお払い箱にしない地位につければ、「夢よもう一度」とばかりに、小澤シンパが、戻ってくる確率が高くなる。

民主支持、自民支持、棄権。この三者が拮抗する中、その均衡を崩すきっかけにはなりうると思う。

それが好ましいか?と問われれば、正直、微妙である。
棄権は避けたいが、二大政党のどちらも、いまいち、肩入れできない。

たとえば、小澤を民主党代表に据えたとしても、「じゃあ民主」と決めきれないわだかまりが残るのは、事実である。

……まあ、いまの民主党首脳部には、小澤を受け入れて、すべてを託すような度量など、あるはずもなく、よけいな心配か。

ただ、選挙対策で、一時的に受け入れて……などと目論んでいるのなら、やめた方がいい。そこまで、有権者は馬鹿じゃないよ。

« A4手帳メモのススメ~2.折り方~ | Main | 河村名古屋市長の舌禍事件 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28289/54038671

Listed below are links to weblogs that reference 毀誉褒貶:

« A4手帳メモのススメ~2.折り方~ | Main | 河村名古屋市長の舌禍事件 »