Recent Trackbacks

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« February 2012 | Main | April 2012 »

March 29, 2012

東電が啖呵、電気止める

東京電力は4月から工場やオフィスなど大口契約者の電気料金を全体で17%程度値上げする方針を固めた。
記事

これに対し、値上げに応じない大口顧客が続出した問題に対する東電の対処が表題の対応だった。

3月31日に契約が切れる顧客は5万件だが、値上げに同意したのは3300件だけだ。
記事

というから、値上げに応じたのは、実に6.6%。――93%もの大口顧客が同意していないと言うことだ。そして、その93%に対し、4/1から電気を止めるぞ、と脅しをかけていると言うことになる。

もう、東電にコメントする気はなくなった。
とっとと、国営化すればいい。

今回、東電が値上げしようとするのは、おおざっぱに言って、原発事故対応のためだろう。福島原発の処理に莫大な費用がかかり、原発停止によって、発電コストがかさんでいるために、電気料金を値上げせざるを得ない、と言うことか。
――それはわかる。しかし、どんな根拠で、ふんぞり返って啖呵を切っているのだ?

国が東電を維持しようとするのは、国民に対する影響が大きすぎるからだ。現代生活では、電気は水道に次いで不可欠なインフラであり、一瞬たりともなしでは済まない。それ故、税金を投入して、支えているのだ。

しかし、今回、東電は、自ら「インフラ企業」であることを放棄した。
ならば、もう、支える必然性は無くなったと言ってよい。

国は、しばらくの間、東電を国有化し、発送分離、合理化の徹底などを断行し、新しい電力会社として生まれ変わらせてから、再度、民営化すればいい。

識者の中には、
「民営化して成功した例はない」
「国自体が合理化できないのに、やれるはずがない」
と言う意見がある。
……まあ、妥当な見解か。

しかし、そういう人たちは、指摘するのなら、「どう実現するか?」まで、コメントすべきだ。
問題点を指摘するのなら、一般人でも可能だからだ。
机上の空論でもいい。実現不可能な夢物語でもいい。
今求められているのは、とっかかりなのだ。いわゆる「叩き台」というやつだ。

半公共という立場を自ら放棄した東電の国有化と徹底改革は、待ったなしの急務である。

March 26, 2012

最近Webがつまらない

1.それなりには見てる

まずはメールだ。99%は、登録したサイトからの広告メールだから、ほとんど時間はかからない。

Googleリーダーには、いくつかのブログが登録されており、更新されたら目を通す。終わったら、あるメーカーの公式サイトに行き、多少のゲームをやって、今日のポイントを稼いでおく。
その後、CMNでmixiの巡回して、更新がなければ、予定終了である。
その後は、MS純正のフリーセルくらいしか、やることがない。

2.見たいものがない

もちろん、仕事で必要な作業があれば、最優先で行うし、それに伴う資料調べも、迅速に行っている。しかし、こんなの毎日ある訳じゃない。

Twitterも入っている。mixiも入会済み。でも、これらに何を書いていいのか分からないのだ。
若い女性ならまだしも、おっさんが日常を書いても、誰もうれしくないだろう。コアな趣味があるわけでもなく、特筆するような特技もない。

さりとて、今大流行のWebのゲームサイトには、全くと言っていいほど興味を引かれないのだ。
Webアプリ自体には興味がある。しかし、それを用いて実現されているゲームには、興味がないのだ。

いきおい、暇なときは、既に飽きているフリーセルをやるか、Googleのニュースを見るくらいしか、やることがない。

3.お昼の情報番組を希望する

別に、TVをそのまま流せと言っているわけでもないし、「詳しくはWebで」の参照先を増やせ、と言っているわけでもない。

あんなイメージのサイトがないのか?と言っているだけのことだ。

4.イメージは「ほぼ日」ライク

「ほぼ日」を見たことがあるだろうか。正しくは、「ほぼ日刊イトイ新聞」という。
実際に、毎日更新されているかどうかは知らないし、別に好きじゃない。しかし、あんなイメージのサイトがあるといいなぁ、と思っている。

5.ブログパーツ式に組み込める

そんなイメージだ。気に入ったブログやはてなブックマークなどを、好きな位置に配置でき、クリックすると、そのページが開くといい。

「この分野なら任せとけ」リンク集とか、自分の集めたブックマーク集を公開したい人だっていることだろう。その中から、「こいつの集めたのはイイ」と思えるパーツを組み合わせて、自分なりの巡回起点サイトを構築したいのだ。
そして、自分なりの「ほぼ日」ができあがったら、暇なとき、そこを見て回ればいい。

お昼の情報番組は、局が勝手に編成したものを、だらだらと見せられる。しかし、このタイプなら、自分が見たいものだけ、それも、自分が望む深さで情報を掘っていける。

6.似たようなのは既にあるんだけど

要するに、グラフィカルなGoogleリーダーであるし、自分でデザインするヤフーのトップでもある。Googleは、すでに、個人でカスタマイズ出来るようになっているが、ドキュメントを見る限り、ちょっとイメージが違う。
「はてな」もそのようだ。

これらのサービスが、拡張して、こういったニーズに応えてくれるのなら、もっけの幸いなのだが、今日現在、そうではないようだ。

とりあえず、ヤフーのブックマークページを開設したが、素っ気ない文字列が並んでいるし、編集も「ドラッグしてポン!」でもない。

どっかで、作ってくれないかなぁ。

バーナー風なリンクをポンと配置できて、ヤフーニュースパーツも配置できて、ついでに、更新告知までしてくれるブックマークサービスが、である。

March 17, 2012

デザインリニューアル

と言っても、公開されているテンプレートに入れ替えただけなんだけど。
今までのデザインも、結構気に入っていたのだけれど、お堅い印象があった。

そこで、思いっきり明るいのに変えてみた。
文字色まで変わってしまい、最初はちょっと戸惑った。
まあ、これも慣れだろう。

変更に伴って、一行の文字数も変わったようだ。

このブログの原稿は、自作エディタで書いている。
拡張子ごとに設定を変えられるので、決めた拡張子で保存されたテキスト形式のひな形を適当なフォルダに作り、そのショートカットをデスクトップに置いてある。ホットキーも設定してあるので、キー一発でブログ書き用の設定で起動してくれる。

通常のエディタ設定とは別設定で起動するので、便利に使っている。

通常のエディタとして起動する際には、ビューア的に使うことが多いので、文字サイズは小さめにして、出来るだけ多くの文字数を表示できるようにしてある。

しかし、ブログ原稿用ならば、エディタ画面が、ブログの画面サイズになっていると、どれくらいの量を書いたのか、感覚的に分かって便利である。
なので、エディタ1ページ分が、最初にこのブログを開いた際に表示されるサイズになっている。
(この行が、画面の下の方に来ているはずだが、最下行ではないはず)

おっと、書き添えないといけないか。
今は、1600X900の解像度を使っている。
それ以下の解像度の方は、とっくの昔にスクロールさせていることと思う。
あしからず。

デザインリニューアルに伴って、内容もリニューアル……とはいかないのが世の常である。

March 10, 2012

不定型テキストデータベース(2/2)

まず最初に、妥協案であることを書いておく。
大前提として、Windows環境は、今後も存在し続けると仮定する。これが決まらないと、話にならない。まあ、最悪、MacやLinuxに移行することも、頭の片隅に置いておくことにする。

1.ファイル形式は、テキストファイル

適当なフォルダを作り、そこに、1項目=1テキストファイルという決まりで放り込んでおく。

最近は、長いファイル名もつけられるので、簡潔に内容を表すファイル名にしておく。
ファイル名には、使えない文字も存在する。たとえば、「"+*?」などの文字だ。これらは、特別な意味を持たされているので、ファイル名には使えない。しかし、今となっては、簡単にクリアできる。全角文字を使えばいいのだ。環境によっては、半角・全角が一読して判別しづらい場合もあるので、あまり使わない方がいいが、どうしても使いたい場合は、この方法を使えばいい。

このテキストファイルという形式は、MS-DOS以来、一貫して対応されている。Windowsの場合、何も考えずに保存すれば、シフトJISという形式になるが、インターネット全盛の今、unicode、EUCなど、様々な形式のテキストファイルが存在する。しかし、コンバートするソフトなど、それこそいくつも見つかるし、そもそも閲覧ソフトが対応していることがほとんどだ。今後、シフトJISが、Windows標準でなくなったとしても、シフトJISが消え去る前に新形式に変換しておけばいい。

よって、ここでは、シフトJISを基本として考える。

2.閲覧方法

放り込んだフォルダのショートカットをデスクトップに置いておき、開けばいい。
表示したいファイルをダブルクリックすれば、メモ帳にせよ、表示される。

検索は、grepという、ファイルの中身を調べ、一覧を作成してくれるソフトを使えば、一気に検索可能である。
その検索結果も、代表的なエディタが対応している形式で出力してくれるので、世話なしである。
そのフォルダの表示形式を、お好みの形式にカスタマイズしておけば、データベースソフトの表示部分と大差なくなる。

3.ファイラーの薦め

私自身は、プレビュー可能なファイラーを使っている。
プレビューとは、カーソルがあるファイルの中身の先頭部分を瞬時に表示してくれる機能だ。専用の表示スペースが用意されており、そこに表示される仕組みである。

まあ、Win7には、プレビュー機能が標準で備わっており、ファイラーを入れるまでもない人が多いかも知れない。

4.バックアップ

単純に、別ドライブやUSBスティックメモリにコピーするだけで事足りる。
HDDもテラバイトが珍しくなくなった昨今、たとえ、フォルダ内に1万個のファイルがあったとしても、その占有サイズは、ゴミ同然でしかない。全く考慮する必要を感じない。

5.データの格納方法

一番楽なのが、ファイラーにお好みのエディタを登録し、そのフォルダにセーブできる状態で、白紙のテキストファイルを開いてくれる様に設定しておくことだ。

まあ、そのフォルダに、ひな形となるテキストファイルを作り、そのショートカットをデスクトップに置いておくだけでも、事足りる。ダブルクリックすれば、デフォルトのエディタがひな形を読み込んだ状態で起動するので、データを貼り付けた後、ファイル名を変えてセーブすればいい。

6.雑感

この方式ならば、Windowsが存在する限り、継続して使い続けられることがお分かりいただけただろうか。
おそらく、Macに移ったとしても、さほど手間を掛けずに、移行できると思う。

使い勝手は、専用ソフトに劣るが、継続性という点だけはピカイチである。

同様な悩みを抱えている方は、一度おためしあれ。
妥協案には違いないが、それなりに使える方法である。

不定型テキストデータベース(1/2)

不定型とは、決まったフォーマットがないものをいう。反対に定型は、あらかじめフォーマットを決めておく必要がある。定型の代表例としては、住所録がある。

不定形の場合、データの先頭行が題名となる場合が多い。

テキストとは、テキスト形式のデータを扱うと言うことである。
「そんなの当たり前では?」という疑問が起きるかも知れない。しかし、ほとんどの場合、データベースに格納されるデータは、そのデータベース固有の形式で格納されている。
それを、あえて、テキスト形式で格納するという意味である。

このジャンルのデータベースソフトは、意外に数多い。
しかし、継続性という点で、問題がある場合がほとんどである。それは、ソフトの継続性という意味だ。

そもそも、ソフト自体が永遠に存在し続けるのならば、ファイル形式などは、独自でかまわない。クリップボード経由のコピーやテキストファイルへの出力がサポートされていれば、安心して使える。
しかし、そんなソフトが、存在するのか?

巷に溢れるデータベースソフトは、軒並み失格である。フリーにせよシェアにせよ、継続性は、開発者の腹一つで決まる。また、開発者にその気があったとしても、Windowsのバージョンなどの環境の変化に対応し続けられるか?という問題も検討しておかないといけない。
64ビット対応など当たり前。たとえば、128ビットになっても、サポートが継続されるのか?と問われれば、「もちろん!」と豪語できる開発者など、この世に存在しないことだろう。

貴重なデータを半永久的に取っておきたいからこそ、データベースソフトを使いたいのだ。にもかかわらず、「これから10年」という、きわめて短いタイムスパンにさえ、対応が危ぶまれるケースが、ほとんどのはずだ。

これでは、安心してデータを放り込んではおけない。

ちなみに、巷に溢れると表現したフリーのデータベースソフトの中には、機能的には、素晴らしいものも多い。思わず食指をそそられてしまう。しかし、「継続性」という一点で、導入していないのが現状である。

ちなみに、この問題に対する最適解は、見いだせていない。
仕方がないので、妥協策を、次稿で書いてみたい。

March 08, 2012

三寒四温

今年もこんな季節がやってきたようだ。

だが、調べてみたら、「冬季に朝鮮半島や中国北東部に典型的に現れる現象」(wiki)なんだそうだ。
日本では、一冬に一度あるかないか、なんだって。へぇ。

そこで、日本では、ちょうど今頃の冬から春に移り変わる時期に、温かい日と寒い日が繰り返される様子を言うと、勘違いしている人が多いと言うことだ。

ちなみに、私もその一人。

この時期を言うことわざで、ばっちり当てはまるのは、
「春に三日の晴れ無し」
だろう。
これは、移動性高気圧がやってくる故の、典型的な現象だろう。
日本列島を駆け抜けるように高気圧が移動してゆくから、あっという間に低気圧がやってきて、晴れと雨の日が繰り返されるのだ。

最近、晴れの期間がやたらと短い。
つまり、春になってきたということだ。

Spring has come.
春よ来い

どっちにしても、その言葉に込められた気持ちは同じである。

おっと、花粉症の人は、そうも言っていられないか。

March 03, 2012

河村名古屋市長の舌禍事件

名古屋市の河村たかし市長が、南京事件に関してコメントしたら、中国側が過剰に反応。大騒ぎになっている。

河村市長が指摘したのは、中国の民間人の被害者の数について。
民間人に対するある程度の死傷者があったこと自体は、いっさい、指摘していない。

で、歴史的事実として、日本軍が南京に攻め込んだ時点の南京市民の数は、20万人だったこと。そして、占領開始後1ヶ月すると25万人に増えており、その25万人に対して、日本軍は、食料援助しているという記録があること。

これらを、「自己申告」「身びいき」などの可能性を排除して考えると、少なくとも、「30万人はあり得ない」という感想を抱くのは、それほど無理のない話であろうと思う。

当然、攻め込んだ側の記録と、攻め込まれた側の記録は、完全に一致しないだろう。
しかし、20万人しかいない市民に対して、どうやったら、30万人殺害できるのか?

まあいい。
その是非を問うつもりはない。
ここでは、河村市長を援護した石原東京都知事と、全く同感であるとだけ、書いておこう。

言いたいことは、別にある。

この南京事件に関して、日本人が抱く感想は、だいたい、下記の3つに分かれるだろう。

・その通り。大規模な殺戮はなかった
・いや、中国の言うとおり、30万人が殺害された
・なにそれ。知らないんだけど

それぞれが占める割合によって、それはそれで、言いたいことは各自あるだろうが、それもいい。

自由に発言できる国であれば、その割合は別にして、だいたい、こんなところだろうと思う。
いろいろな人がいて、いろいろな意見があるのが、正常な姿だと思う。

しかし、中国は違うようだ。
あの国は、自分たちを意見をいっさい曲げず、それに反するコメントが出てくると、かたくなに拒否し、過剰に反応する。
尖閣諸島を領海侵犯した漁船の船長を拿捕したところ、全く無関係な日本のゼネコン社員を逮捕し、事実上、人質交換をねらった事件は、記憶に新しいことだろう。

中国とは、そういう国なのだ。

ここで、間違えてはいけない点がある。
「中国人が」とは、言っていないと言うことだ。

きっと、割合の差こそあれ、公平な報道に接すれば、似たようなパターンに分かれるはずだ。
何億もの人間がいて、画一的な感想しか抱かないなんて、歴史上、一度たりとも、あったことはない。

一番問題なのは、「画一的な反応をする中国人」などではなく、そうし向けるような政治・報道体制だろう。

見ず知らずの異国人の幼児を、あんなに育てられる民族が、優しい心、公平な心を持っていないはずはないのだ。

国民性の違いはあれど、日本人と中国人の間には、それほど決定的な違いは無いと信じたい今日この頃である。

« February 2012 | Main | April 2012 »