Recent Trackbacks

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« 尖閣問題は、与党民主やはり腰砕け | Main | 総理大臣の国会出席 »

April 26, 2012

小澤、無罪判決

地裁、つまり、地裁、高裁、最高裁と上っていくうちの最初の一つ目で無罪判決が出たと言うことだ。

正直、ほっとしている。

私は、法曹関係者ではないし、小澤支援者でもない。
しかし、今回の裁判は、「有罪」であってはいけないと考えていたからだ。

裁判の大原則は、推定無罪である。
つまり、有罪であるという明白な根拠がない場合は、全て無罪と言うことだ。
有罪となるのは、それが明白である場合に限られる。
要するに、「純色の黒」以外は、シロ扱いされるべきなのだ。

たとえば、htmlで指定する黒は、#000000である。これが、#010101であっても、肉眼では、ほぼ、見極めが付かない。しかし、裁判においては、これは、シロ扱いとなる。

そういう意味で、秘書の石川被告の有罪判決は、あってはいけない、裁判史上、覆い隠しようのない汚点だったといえる。

その流れでいくと、今回の裁判も、明白な証拠の無いまま、推測のみを根拠として、無理矢理有罪を下す可能性がささやかれていた。

それが、回避されて、正直、ほっとしている。
それでこそ、法の正義だと思っている。

別に、「小澤は善人である」と言っているのではない。「犯罪を犯した明白な証拠はない」と言っているだけだ。

今回の場合、一般に普通に行われていて、違法すれすれでもないやり方が、何故、起訴されなければいけないのか?という、根本的な疑問がある。
マスコミの連中は、不動産取引に関して、全くの素人なので、反小澤の官僚達がリークするまま、垂れ流していたのだろうが、あれを有罪とした場合、日本中に犯罪者が溢れる事態となるだろう。

一般には、当たり前の様に許されていて、政治資金収支報告書が絡むと、即有罪となるほど、厳格で厳正なものなのか?あの報告書って。

要するに、言いたかったのは、

「無罪であるべき小澤が無罪だった」

のではなく、

「本来、無罪とされるべき被告が、無罪となった」

と、喜んでいるのだ。間違えないように。
「小澤」の部分を、「野田」に変えても、同じように、無罪を喜んだことだろう。

« 尖閣問題は、与党民主やはり腰砕け | Main | 総理大臣の国会出席 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28289/54565562

Listed below are links to weblogs that reference 小澤、無罪判決:

« 尖閣問題は、与党民主やはり腰砕け | Main | 総理大臣の国会出席 »