Recent Trackbacks

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« 意見聴取会のやらせで不満爆発 | Main | 熱中症対策の落とし穴 »

July 20, 2012

軽にオートエアコンは不要

……なんだそうだ。
オートだと弱いから、結局、手で操作しちゃうから、オートなんていらないって理屈らしい。

「あほか!」とコメントしようとしたあなた、まずは、読んでからね。

暑い時、炎天下に置いてある車は、車外も車内も、熱くなっている。
エンジンを掛けると、エアコンも動きだし、ブワァーと風が吹き出す。

このとき、早く冷やそうと、設定温度をいっぱいまで下げる人が、結構いるらしい。
なぜなら、「その方が早く冷えるから」
当然のごとく、風量は最大にする。――この時点で、マニュアルモードに切り替わっている。
あとは、お好みのまま、マニュアル操作を続けると言った状態らしい。

そういう人に、まず、言っておく。
オートのままだろうが、マニュアルだろうが、クーラーの能力の限界値は変わらない。オートのままでも、クーラーの限界能力までいっぱいに使って、せっせと冷やしてくれる。
なので、設定温度近くまで冷える時間は、全く変わらないのだ。

違いは、設定温度近くまで冷えると、オートならば、次第に風量を少なくするなど、各種調整をしてくれるだけの事だ。

オートエアコンは、マニュアル操作オンリーなエアコンに比べて、若干高価なので、軽などの小型車には、付いていない事がある。なので、軽だけに乗り続けている女性ドライバーなどは、オートに不慣れな事がある。
そこで、いきおい、慣れ親しんだマニュアルモードに切り替え、そのまま操作し続けるケースもあるだろう。

事務所などのエアコン(冷房時)も勘違いしている人がいる。

節電が叫ばれるよりも前は、外回りの男どもが帰ってくると、机に座るよりも前に、エアコンの設定温度を限界まで下げ、エアコンの下で涼んでいる光景を良く目にした事だろう。

なので、機械に詳しくない女性達は、「早く冷やすには、設定温度を下げればいい」と、刷り込まれてしまっているのかも知れない。

これも、車の場合と全く同じ。

事務所の場合は、温度を下げたいのではなく、風が欲しいのだ。
だから、団扇なり、扇風機なりを置いておけば事足りるはずだ。

「くそ暑い時に、団扇なんかじゃ、涼しくない」
と、言いたい人は、家で、エアコン無しで、団扇だけを使っている光景を想像しているのだろう。だが、この場合は、既にエアコンで調節された環境で、団扇を使っているという事を、忘れてはいけない。

やってみると分かるが、エアコンで調節されている環境で使う団扇・扇風機の風は、とても冷たく快適である。
やたら暑がりのおっさんと、冷え性で悩む女性が、同じ環境で快適に暮らすための生活の知恵だと思う。

今年も、節電が叫ばれていて、設定温度は、28℃が推奨されている。
冷え性の女性にとっては朗報だろうが、暑がりのおっさんには、いじめに近い。
なので、おっさん達のそばには、小さいので良いから、扇風機を置いてあげよう。コンセントがなければ、USB給電のを置いてあげてね。

なお、いくら節電とは言っても、車のエアコン(クーラー)を、28℃にしてはいけない。おそらく、暑さで、頭がぼうっとしてしまうはずだ。
車内は、直射日光が差し込む事が多く、事務所・家庭のエアコンと同じ設定温度では、とんでもない事になる。

車内は、暑がりの人で25℃、寒がりの人で27℃くらいが、適当だと思う。

« 意見聴取会のやらせで不満爆発 | Main | 熱中症対策の落とし穴 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28289/55237797

Listed below are links to weblogs that reference 軽にオートエアコンは不要:

« 意見聴取会のやらせで不満爆発 | Main | 熱中症対策の落とし穴 »