Recent Trackbacks

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« 小澤に大義あり? | Main | 意見聴取会のやらせで不満爆発 »

July 13, 2012

マスコミの小澤叩き再開

また、始まった。
いい加減にして欲しい。あの悪人面を見たくないという視聴者・読者の願いが分からないのか。

まあ、分からないでもない。小澤は、マスコミの敵だからだ。

かつて民主党代表だった時小澤は、マスコミと呼べないフリーやネット系ジャーナリストを記者会見という聖なる場に呼び込むという暴挙をやらかした。

その後も、既存マスコミという聖職者を無視し、ネット系の番組を選んで出演するなど、聖なるマスコミの権威を無視したどころか、地にたたき落とそうとしている。こんな暴挙は、許しておけないのだ。

小澤さえいなければ、官庁が垂れ流すリーク情報をみんなで受け取り、そのまま垂れ流せる。情報は確かだし、どこかにすっぱ抜かれて、上に怒られる心配もない。官僚の御用機関でいさえすれば、国税庁の摘発を受ける事もないし、放送免許を取り上げると脅かされる事もない。

ちゃんと、時折、「大ニュース」も垂れ流してくれるので、閣僚を監視しているというフリもさせてくれるのだ。

そんなおいしいぬるま湯を、たたき壊そうとしているゲリラが小澤という男なのだ。許しておけるはずもないだろう。

かつて、自民党を中心に、いくつもの政党が分かれ、今なお、存在している。
その小政党に関しては、分かれた際には、多少報道したものの、その後は、一切合切、無視を決め込み、取材にすら行かない。取材するのは、お上の意向に合う反対意見が聞けそうな時だけだ。

なのに、今回の小澤新党だけは例外と見えて、街角でのインタビューまで決行している。たぶん、今週末あたりだろうが、アンケート調査をして、小澤新党の支持率が低いと週明けに報じる段取りだと思う。

はっきり言って、消費税増額分の国の金を、頼まれもしないのにIMFにポンッと拠出することを決めた官僚の誠意など、髪の毛の先ほども信用していない。

そんな金があるのなら、同じ財布から、ポンッと、社会保障に融通すればいいのではないのか?

まあ、国際関係と、国内の財政事情を、ひとまとめにするつもりはない。財布は別なのだろう。それは分かる。
しかし、出そうと思えば、すぐに出せる財布を、あちこちに隠している事も事実だろう。

国民は、それを怒っているのだ。頭ごなしに、消費税増税に反対しているのではない。

官僚の既得権益を破壊し、無駄遣いを無くし、民間に比べて考えられないくらい優遇された公務員への待遇を改善し、隠し財布を全てはき出させる。
その後に、どうしても必要なら、やむを得ず、消費税増税という順序だったはずだ。

それがいつの間にか、これらの改革はどこかに行ってしまい、社会保障との一体改革などという、どうせやらないといけない政策とセットになってしまっている。

アホな国民は、とっくに忘れ去っているとでも思っているのか?

東大出て無くても、それくらいの記憶力は持っているのだ。

« 小澤に大義あり? | Main | 意見聴取会のやらせで不満爆発 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28289/55187120

Listed below are links to weblogs that reference マスコミの小澤叩き再開:

« 小澤に大義あり? | Main | 意見聴取会のやらせで不満爆発 »