Recent Trackbacks

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« 金を出さない奴は政治に口を出すな | Main | SD手帳入手 »

October 03, 2012

ozprint+手帳用紙印刷

最近出来なくなったのだ。
今使っているプリンタでは、手帳用紙(リフィル)をセットするために用紙ガイドを移動させると、中央に集まってしまう。
(ちなみに、プリンタは、本体バカ安・カートリッジ超高値のCANON iP2700である)

しかし、ozprintは、こういう用紙の場合、左寄せになることを想定している様で、正しく印刷できない。
それをどうするか?と言う問題である。
方法は二つある。

1.A4に印刷して、手帳用紙サイズに切り、穴も開ける

対応パンチがあれば、これが一番確実だろう。用紙が無駄になる様な気がするだろうが、そうでもない。必要枚数の半分を印刷し終えたら、上下反対にして、再度、用紙の反対側に印刷させればいい。手帳用紙のサイズによっては、残りの端切れが、白紙用紙に転用できるかも知れない。この方法の場合、対応パンチは存在しているはずなので、簡単に実現できるだろう。
強いて問題点を上げれば、「面倒」ということだ。

2.貼り付けて印刷

貼って剥がせるのは、付箋(例:ポストイット)が有名だが、付箋式に何度でも貼って剥がせるスティック糊が売っている。それを使って、台紙となるA4用紙の印刷位置に、手帳用紙を貼付、印刷後、剥がせばいい。
糊を台紙側に塗っておけば、手帳用紙には付いてこないし、万が一付いたとしても、消しゴムで簡単に除去可能だ。
この方法なら、バイブル、ミニ6穴、5穴、A5など、どんなサイズでも対応可能になる。マイナーなサイズでも、お構いなしだ。

問題点は、やはり、「面倒」さ。
なんと言っても、1枚ずつしか、印刷できない事。
台紙を12枚用意すれば、Monthlyを一気に1年分印刷できるが、たいていの人は、少ない枚数を使い回す事だろう。
その際に、インクジェットならば、用紙準備中にヘッド乾き防止機能が働いて、クリーニング作業が始まってしまうだろうから、感覚的には、結構な時間、待たされることになるだろう。

台紙を多数用意して一気に印刷するか、台紙を節約して、若干とはいえ、インクと時間を無駄にするか。お好きな方を選んで欲しい。

« 金を出さない奴は政治に口を出すな | Main | SD手帳入手 »

スケジュール」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28289/55805787

Listed below are links to weblogs that reference ozprint+手帳用紙印刷:

« 金を出さない奴は政治に口を出すな | Main | SD手帳入手 »