Recent Trackbacks

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« チャイナリスク増大 | Main | NTT代理店からの電話被害頻発 »

October 20, 2012

日本は破滅に向かうか?

日本のGDPは、中国に抜かれ、世界第3位となった。これを持って、「日本の終わりの始まり」と言う論調を見かける様になった。
確かに、今まで通りの様な右肩上がりの成長は見込めない事だろう。しかし、それを持って、破滅の始まりと見なすのは、賛同しかねる。

私は、今までのGDP世界第2位というポジションが異常だったと考える。
日本が異常な急成長を遂げていて、中国が異常に低迷していたから、暫定的に、日本が2位でいられた、と言うのが、長期的に見た妥当な見解なのだと思う。

清が滅び、中華民国が滅び、新しい資本主義国家が誕生していたら、今、世界のトップは、どの国だったのか?――これは、誰も断言できない事だろう。

今現在、世界のトップは、その資本中国だったかも知れない。
ソ連と国境を接しているが故に、ソ連陸軍の猛攻に晒され、国が滅んでいたかも知れない。
ソ連崩壊までは、そこそこ発展していて、その後は、急成長を遂げていたかも知れない。
その資本中国が現存していたら、日本が抜かれていた事は、間違いないところだ。

そもそも、国土でも、人口でも、とうてい及ばない日本が、総合計値であるGDPで、勝てるはずはないのだ。だから、中国に抜かれたのは、当然の結末だ。むしろ、ここまで引っ張ってこれた日本を褒めるべきだろう。

少し前、ドイツに絡んでの主張を見かけた。
「ドイツは、GDPで日本に抜かれた。しかし、その後、ドイツは衰退したのか?」
と言うものだった。(出典は、忘却の彼方)
――確かに、その通り。これは、今後の日本にも、そのまま当てはまる。

上水道のカバー率で、97.4%(平成17年、水道ビジョンの主要施策と今後の課題 - 厚生労働省)を誇り、50年以上も、戦乱から無縁でいられた。国によっては、「米帝の手先」と酷評する向きはあるが、本気で、「日本軍が攻めてくる」と考えている国は無いはずだ。
世界に冠たる大企業を星の数ほど抱え、なんだかんだ言っても、国民の多くが、一度は海外旅行を経験している。

こんな国の、どこが破滅に瀕しているのか?

右肩上がりの成長が見込めないという事が、それほど、危機なのか?
現状のまま維持できれば、今の生活は維持できるという事にはならないのか?

年収300万円に満たない成人男性が急増している。
それどころか、生活保護世帯が急増しているらしい。

これ、正社員を増やせば、かなり改善されないか?
で、現状維持でよければ、かなりの会社は、実行可能なのではないのか?

会社というものは、水鳥の足のごとく、常に前に進み続けていかないと、生き残っていけない性質を持つ。立ち止まる事は、倒産への第一歩なのだろう。

でも、たとえば、家電メーカーで言えば、

TVは壊滅状態で大赤字だったが、省エネエアコンがバカ売れして、差し引き、昨年とほぼ同じ利益は確保できた。

――これ、OKなのでは?

「頑張って、改革し続けて、現状維持」
これでよければ、もう少し、正社員を雇えるのではないだろうか。

たとえば、家庭で言うと、もう二人、子供を育てられる家庭は、結構あると思う。実際に育てなくても良いから、その分を、困窮家庭に回すという方法をとれば、そこそこ生きていける家庭は、急増するはずだ。

正社員を増やし、教育費を半分以下に出来る施策を行い、収入以上の華美な生活を改める。

これだけで、かなり改善されると思う。
そのためならば、増税も、一概に否定したりはしない。

問題は、集めて配分する政府・官僚連中に、一切の信頼を置けない事だろう。
大震災があって、その復興費用があって、それでもなお、被災地と無関係な場所に、不要不急な公共工事を行ったり、一般予算で要求していた予算を、無審査で通るから、と、復興関連予算に突っ込んで請求していたり。

――こんな連中を、全く信頼できない事こそが、今の日本の最大の問題点である。

« チャイナリスク増大 | Main | NTT代理店からの電話被害頻発 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28289/55933469

Listed below are links to weblogs that reference 日本は破滅に向かうか?:

« チャイナリスク増大 | Main | NTT代理店からの電話被害頻発 »