Recent Trackbacks

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« 自民党大勝の裏にあるもの | Main | 制限速度で走らせる奴 »

December 27, 2012

安倍政権発足

何ともまあ……期待の持てない政権だこと。

そもそも、今の日本の窮状を作り上げたのは、官僚組織とそれに何もしなかった自民党政権である。
それを、全く反省も改革もせず、旧態依然のビッグネームを並べただけで、「危機突破内閣」を標榜している様だ。

……一体全体、何を根拠にそう言い放っているのか。

今回の政権交代は、官僚組織に真っ向から戦いを挑んだ民主党政権が、見るも無惨に敗れ去り、一人コケした結果の、いわば、棚ぼた奪取である。国民の8割近くが、「自民党にしよう」とは思わなかったのに、何をどう捉えたら、「危機突破」が可能と考えるのか。

おそらく、自民党の本音は、「自民党財政の危機突破」なのだろう。政権与党であったからこそ可能だった無理強い借り入れの返済を迫られ、議員数の減少による政党補助金の減少、そして、予算作成に関われないから、地方・企業への利益配分が出来なくなったので、当然の流れとしての献金の激減。これらによって、自民党財政は、破綻の危機に直面していた。

……それが、この棚ぼたによって、一気に解決しようとしている。

よって、自民党がまず行うのは、借金の返済である。

まず、適当なお題目を掲げた公共工事の復活で、建設業界からの献金を戻し、めぼしい業界へ恩恵を与えながら圧力も掛け、献金をむしり取る。

これが、喫緊の課題だろう。

そして、それを可能にするためにも、官僚とけんかなどしている場合ではない。
つまり、官僚組織の改革など、かけらもやる気がないのは明らかである。

自民党が政権を失っていた3年あまりの間に、世界は、急ピッチで変化している。自民党が、自らの不作為と私利私欲で、4年前の日本に戻そうとするのなら、それは、「日本の後退」に等しい。

それでもなお、喜べますか?
ま、こうなった一番の戦犯は、民主党なんだけど。

« 自民党大勝の裏にあるもの | Main | 制限速度で走らせる奴 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28289/56403747

Listed below are links to weblogs that reference 安倍政権発足:

« 自民党大勝の裏にあるもの | Main | 制限速度で走らせる奴 »