Recent Trackbacks

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« December 2012 | Main | February 2013 »

January 18, 2013

システム手帳の左ページの書き方

バインダー式の全てに当てはまる事である。
バインダーのリングが邪魔になって、左ページが書きにくいという問題だ。
これで悩んでいる人は、結構いる様で、いくつかの記述が見つかる。
しかし、根本的な解決方法は存在しない様だ。
よって、私なりのやり方を書いてみる。まずは、Webで見かけたやり方だ。
基本的に、あきらめ派が多い様だ。

【あきらめ派】

・左は使わない
・手帳をひっくり返して、リングが左側にくる様にする

これらは、見開き1ヶ月の予定欄を採用しているので、採用不可能。

・字が汚くなってもいいから、無理矢理書く

いや、これが気に入らないから、悩んでいるんですけど。
よって、却下。

・いちいち外して書く

めんどくさぁーー。絶対に続かないだろう。

・そもそも、リングが邪魔にならない薄型を使う

それはその通り。
ただ、あれって、通常のリフィルを入れると、めくりにくいんですよ。
それに、大した量セットできないからパス。


【ややチャレンジ派】

・先頭を増やして厚くし、リングとの段差を無くす

アイデアとしては、良い線行っていると思う。
一番使うページは予定欄で、ついで、メモ欄だろう。能率手帳などのイメージから、これらを先頭に配置している人が多いはずだが、別に、後ろでも問題はない。今月・今日などは、しおりなどですぐに開ける様になっているはずで、慣れれば、後ろにあっても、実害はない。
ただ、書きやすい(リングが邪魔にならない)ほど先頭を厚くすれば、一番後ろに来るはずの予定欄が、めくりにくくならないか?
書きやすくなるほど先頭を厚くすれば、後ろの方がめくりにくくなり、めくり易さを優先すれば、大して書きやすくならない、ってことになる様な気がする。


【私のやり方】

分類すれば、「ややチャレンジ派」だろう。
それは、「ペンの持ち方を変える」である。

開き直って手首すぐのふくらみ(小指丘)をリングに乗せてしまい、ペンの持つ位置を、かなり上の方にするのだ。予定などは、小さなスペースに書くので、長い文章を書くときのような手の移動はないため、ほとんどの場合、これで対処可能だ。試してみると、手の移動がある場合も、手を微妙に移動させて調節すれば、ペンを持ち直すこともなく、何とか書き続けられる様だ。
具体的には、最近のボールペン・シャープペンシルなどは、指が当たる部分が、ラバーなどで覆われていて、柔らかくなっている。この少し上を持つ感じだ。
せっかくのラバーが無意味になってしまうが、そもそも、手帳に一度に大量に書く事は無いので、問題はない。

私などは、筆圧が強い方で、ここまで上の方を持つと、力が入れにくい。
しかし、「リングのすぐ左に書く時は、ゆっくり、そっと書く」と言い聞かせる事により、何とか使えている。

まあ、正解はない問題なので、お気に召したやり方をお試しあれ。

January 16, 2013

消費税率改正の落としどころ

おそらく、財務省は、何が何でも税率10%を達成するはずだ。そして、自公民三党も、合意をした手前、無理矢理にでも「景気回復」を演出し、10%に持って行くはずだ。
そして、せっかく立ち直り始めた景気や庶民の暮らしは、壊滅的な被害を被る。

安泰なのは、罷免される心配のない官僚だけだろう。
当然、自公は逆風に晒され、次の選挙は大敗をする。
そして、これは、おそらくは、日本にとっての最悪のシナリオだろう。

そうならないための折衷案(私案。暴論とも言う)を書いてみる。

まず、税率は、10%でも良いが、もう決まってしまったので、8%を間に挟む事にする。これは、ここでは、「本来の税率」を意味するので、事実上、大差ないのだ。なので、以下、8%を無視して、10%として書いていく。

10%になる前に、消費税法を再度改正し、軽減税率を新設する。

・本来の税率は、10%
・軽減税率は、一率5%と、消費税法の中で規定する
・ただし、財務大臣が、省令で定めた物品については、省令で規定された軽減税率を使用する。
・ここしばらくは、省令は出さない。

これでどうだ。
これなら、「上げる」と決めた連中の顔も立つし、財務省は、フリーハンドを手に入れられる。
内閣の面々に対しては、財務省に対し、軽減税率を軽々にいじらない様に圧力を掛ける事で、「庶民へのアピール」をさせてやる。
そして、庶民は、当面の間、事実上「消費税率5%」なので、今の暮らしは変わらない。

副作用として、自動車購入時の消費税が2倍から1倍に変わってしまうが、庶民にプラス側なので、OK。

とりあえず、これで先送りしておいて、じっくりと、軽減税率の適用範囲を議論しちゃどうだ?慌てて決めないでさ。

January 11, 2013

手帳の季節2013~今年はSD手帳~

1.概要

年末近くになって、ようやく決定した。
その過程で、バイブル薄型、SDのそれぞれに、ブロックマンスリー横置きと見開き1ヶ月を作成し、使い勝手を確かめた。

手帳は小さいに超した事はないが、あまりに小さすぎても使いにくい。持ち歩くためのスペースが確保できれば、やはり、バイブルくらいがベストサイズなのだと思う。ミニ6穴は、小さすぎるのは分かっていたので、そもそも作成しなかった。
そういう意味でも、SD手帳は、ぎりぎりの大きさなのだと思う。あれ以上大きければ、バイブルの方がポピュラーになってくるし、あれより小さければ、使いにくくなる。やはり、ん十年の積み重ね、というのは、こういう事なのかも知れない。

2.手帳の中身

・前リフター
クリアファイルを切って自作

・ウィークリー
バーティカル。A4印刷を折って、26穴パンチで穴を開けて挟み込む。

・毎月の定例ToDo
何年も修正を続けたもの。今月分ToDoをマンスリーの昨月の位置に挟み込んである。

・マンスリー
見開き1ヶ月の格子型。SDの白紙に印刷。

・予定のハイパーリンク
予定の詳細を書くためのスペース。マンスリーには、「→2-3」などと書いて、リンクを張る。

・メモ欄
試行錯誤の過程で出た不採用カレンダーの裏を流用。

・備忘録
昨年までのハイパーリンクから不変なものを抜粋したもの、DVD・本などの取得済みリスト、変化しない備忘録と言ったものが、それぞれのフォーマットで存在する。

・後ろリフター
前リフターに同じ。大きめのポストイットが貼ってある。

3.各要素間の仕切

2で分かる様に、仕切は、ほとんど無い。さすがに、最初と最後は、用紙保護のために入れてあるし、メモと備忘録の間には、純正の透明ポケットが挟んである。
こうなると、「すぐ開けないのでは?」と言う疑問が湧くだろうが、そうでもない。SDは、仕切ではなく、用紙の端(縦の外側)を色分けして判別するというやり方なのだ。このためには、間仕切りなど無い方が快適である。やってみると、手帳を真ん中あたりで縦に曲げると、中身が少しずつずれて、見やすくなる。そして、該当ページを親指で選んで、開けばいいのだ。慣れてくると、意外に小気味良い。SDには、最初から色分けした用紙も存在するが、私は、蛍光マーカーペンで塗って代用した。

とはいえ、他の方法も採用している。
一番開くのは、ウィークリーとマンスリーである。ウィークリーはそもそも先頭にあるし、折ってあるから、すぐに探し出せる。
マンスリーは、前1/3位の位置にあるので半透明な付箋を貼って少しはみ出させ、インデックスにしている。同様に、メモ欄の先頭にも別の色の付箋が貼ってあるので、すぐに開ける。
私の場合、日に何回も開くのはマンスリー→ウィークリーの順なので、この二つがさっと開ければ、特に不満は感じない。
後は、多くても週一、下手をすれば、年に数回だったりするので、5秒くらいまでなら、ワンテンポ遅れても、不快には感じない。それよりも、手帳を縦にムニュッと曲げて親指で該当ページを選んだ方が、快適なのだ。

最初は、クリアファイルを切って自作した間仕切り(リフターと同じ)を、要素ごとに挟み込んでいたのだが、邪魔になったものから外していったら、こうなってしまった。

結局、SDの標準に近い。やはり、長年の積み重ねの結果なのだろう。

4.来年の展望

とりあえず、2014/03まで作って挟み込んであるので、4月以降のリフィルを印刷して、挟み込めばいい。飽き性の私が、そうするかどうかは定かではないが、今のところは、そうする予定でいる。

January 07, 2013

日本政府の向かう道

政府の有り様としては、今までは、大きな政府・小さな政府という区分けがあった。まあ、他にも、「独裁国家」と言う形態があるが、論外なので、無視する。
ここに、ブータン発の国民が感じる幸福度を尺度にした考え方が加わった。

大きな政府は、高福祉に代表される「何でもかんでも国がやる」形態と言える。その結果として、高負担を余儀なくされる。そのため、北欧の国の様に、国の動きに透明性がないと、国民の信頼を得られない。今の日本がこれだろう。日本は、「高負担・中福祉・低被信頼」国家と言える。

小さな政府は、国の関与を極力減らし、その国全体に渡る事を主に担当する形態だ。多くを民間の自助・自制に任せるため、往々にして、弱肉強食となりやすく、格差を生みやすい。

幸福度は、全く別の形態で、国民の感じる幸福度を高める施策を行う事に特徴がある。理屈の上では、大きな政府で幸福度式もあり得るが、現時点で行っている政府は、ブータンだけなので、中規模な政府となるだろう。

日本がどの政府を目指すのか、現時点では、全く定まっていないが、どれか一つに絞る必要がある。

大きな政府を目指すのなら、現在の官僚主導の透明度の低いやり方は、根底から変える必要がある。

小さな政府を目指すのなら、まず、現在の巨額の財政赤字を無くす必要がある。これには、かなりの痛みを伴い、国民の理解無くしては、到底成り立たない。

幸福度式の場合、政府の形態には、さほど影響されないため、一番やりやすい様に見えるが、精神的な満足度を第一の尺度に据えると言う事は、物質的な尺度を追求しないと言う事にもなりかねず、国民のコンセンサス無くしては、成り立たない。だいたい、世界第3位の経済大国である日本に、そもそも可能な形態なのか?と言う問題もある。それに、日本人の感性から言って、精神的な豊かさを第一義に据えれば、物質的な豊かさの追求は、第2義ではなく、「二の次」にしかねない。おそらく、国民的なコンセンサスは得られないのではないのか? 得られるとしたら、GDPが10位くらいに落ちていった結果、他に選択肢が無くなってからとかでないと、受け入れられないはずだ。

どれを選ぶか?という選択は、政党・政治家こそが、まず最初に考え抜き、訴えていかないといけない。現在の様に官僚に任せきっていれば、連中の既得権益確保のためだけの体制になってしまい、どっちつかずの中福祉・中負担の曖昧な制度になりかねない。言い方を変えれば、バランスが良いと評価する向きもあるだろうが、確固たる足場のない、中途半端な体制とも言える。

好意的に見れば、中庸といえるが、果たして、その体制をコントロールできるだけの手腕が、官僚に存在するのか?

やはり、日本を率いていくべき政治家が判断すべきだろう。
……で、現在の政治家の誰に判断をゆだねたら、正しい判断をし、断固たる決意で実行してくれるのか?

もちろん、どの体制が望ましいか、国民一人一人が考え、自分の考えにもっとも近い政治家に投票する事によって、それを実現していくのが、本筋だろうが、「おらが先生様」や「風に吹かれた革新政党」にこぞって投票している今は、夢のまた夢に違いない。

January 05, 2013

制限速度で走らせる奴

自動車を制限速度で走らせるドライバーの事を言っている。

大まかに言えば、下手くそと中年ドライバーに多い。
中年ドライバーは、単にのんびりしているだけで、別に下手くそには含めていない。
下手くその中には、初心者、サンデードライバー、泥亀の女性ドライバー、紅葉マークのじいさん・ばあさんなどが含まれる。

試しに、大都市圏で、平日の朝のラッシュ時に、全車制限速度で走らせてみれば分かる。おそらく、交通が麻痺するはずだ。
ほとんどの場合、交通の迷惑でしかない。

ところが、その立場になってみると、速度違反するドライバー側にも、問題がある事が明らかになった。両方の立場を行き来している中年ドライバーの立場から、のんびりドライブについて書いてみる。

昔、1分を争う仕事をしていた時、日曜日もセカセカ遊んでいた。スケジュールを決め、その通りに動けた時「充実した休日」。何もしなかった休日は「無駄な一日」と判断していた様だ。
それが、自分でスケジュールを決められる環境になると、何もしない一日もアリだし、どーーでもいい事を一日していても、それはそれでアリと思える様になった。

そうなってみると、車の運転も、のんびり走らせる事が増えてきた。
さすがに、制限速度以下で走らせる事は少ないが、+20km/h以上の速さで走らせる事は減ってきている。
気持ちの良い晴天の日、片側一車線で、見渡す限り、対向車も後続車もいない事が良くある田舎道。そんな道を走る時は、ふと気が付くと、制限速度で走っていることがある。
もちろん、後続車がいる時は、そのまま、と言う事はないが、いない時は、そのまま走らせる事にしている。

そういう時は、実に周りがよく見え、安全運転が可能になる。
やはり、スピードを出しすぎて、「安全」と言う事は、無い様だ。

とはいえ、ある程度、周りの事も考えた方が、無難だろう。
後続車にあおられている状況では、やはり気になるし、そもそも車間距離が取られていないはずで、危なくて仕方がない。

そんなこんなで、ほとんどの状況で、「まあ妥協しうる範囲内」を心がけている。それは、

・黄色信号は突っ込む
・常に、+10km/h

と言うコンセプトだ。
+10km/h程度なら、それほど神経をとがらせる必要はないし、ほとんどの車は、この程度の速度で走っていれば、諦めて付いてきてくれる。それでもあおってくるあんぽんたんは、+20km/hでも同じなので、無視するに限る。
しかも、+10km/hならば、取り締まりも、通過できる事が多い。

なんだかんだで、+10km/h運転が、自分も楽で、周りもまあまあ許容範囲となる。

そうそう、100km/h制限な東名・名神は、+10km/hではない。さすがに110km/hはしんどいので、目標速度としては、90km/h程度で勘弁してもらっている。気に入らなければ、追い越していってくれるので、こちらとしても、気が楽だ。

なお、上記の「下手くそ」に、女性ドライバー全員を含めてはいない事は、承知おきいただきたい。あくまでも、「泥亀の女性ドライバー」である。お間違えなく。

« December 2012 | Main | February 2013 »