Recent Trackbacks

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« スマホの月額料金高すぎ! | Main | Googleカレンダーに定例データを登録(2/2) »

March 09, 2013

Googleカレンダーに定例データを登録(1/2)

「毎月25日は伝票の締め切り」の類の、一定の周期で必ず発生する定例データの登録を、一発で登録するやり方の事だ。

この手の機能は、Googleカレンダー自体にも備わっている。
月表示の場合だが、登録したい最初の日をダブルクリックして表示される入力画面の「繰り返し」にチェックを入れると、さらに詳細に設定できるダイアログが表示される。
また、ThunderbirdのLightningも使っており、こちらでも、定例データの入力が可能である。
さらに、ToDoアプリのRTM(Remember The Milk)でも、定例データが入力できる。そして、これら全てを使った事がある。
――そして、全て気に入らないのだ。

私の場合、単純に繰り返せばいい用事など、皆無だからだ。
下記のような場合って、あり得ないのか?

・毎月24日が発売日だが、日曜なら前日に、祝日はそのまま発売
・毎月最終月曜日に行うが、火曜日が翌月の場合は、その前の週の月曜になる
・毎月月初めに行うが、1月は5日。で、その日が週末なら翌週月曜日

――書き出したらきりがない。

これら全てが指定可能なスケジューラーを以前使っていたから、なおさら、受け入れがたいのだ。その名は、「おかる」。PC9821全盛の頃からのソフトだ。
いまは、O's Scheduleとなっている。素晴らしいソフトだが、残念ながらシェアである。おかるの頃はレジストしたのだが、いまは、Googleカレンダーが中心なので、使っていない。

でも、あの超難解な定例データの指定方法は、この上ない魅力なのだ。
嘘だと思ったら、一度、試用してみると良い。上記のような無理難題のほとんどが指定可能なはずだ。

ソフトによっては、定例データの今回だけを削除できるものがある。
「この日だけ削除」「全て削除」が選べるのだ。つまり、特殊な場合だけ、手入力で入れなせばいい、と言うコンセプトなのだろう。

やってみたが、Googleカレンダーとの同期がうまくいかない場合があり、やめてしまった。

仕方ないので、毎月月末に、ThunderbirdのLightningで、先月の予定をコピー&ペーストして、Googleカレンダーに同期させている。
中途半端な定例データを入れるよりも、よほど確実だからだ。

……で、毎月、「おかるの頃は……」と嘆いている訳だ。

そんなこんなで、渋々手作業していたが、この度、心理的限界に達し、別なやり方を始めたと言う成り行きである。

「どうせ手作業ならば」ということで、手作業100%で行う。
詳細は、次回で。

« スマホの月額料金高すぎ! | Main | Googleカレンダーに定例データを登録(2/2) »

スケジュール」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28289/56920880

Listed below are links to weblogs that reference Googleカレンダーに定例データを登録(1/2):

« スマホの月額料金高すぎ! | Main | Googleカレンダーに定例データを登録(2/2) »