Recent Trackbacks

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« 「超」整理式クリアバインダー | Main | 庶民のための景気回復とは »

May 11, 2013

PM2.5って、どれくらいの大きさ?

ピンときていない人もいると思う。
2.5μmと言われても、「小さいんだろうなぁ」とは思えるが、実感として、理解できないのだろう。

私たちが子供の頃の言い方で言うと、

「2.5ミクロン」

である。
昔は、こう言ったのだ。これよりも小さい単位は、一般には、存在しなかった。

μmという表現は、SI単位系での表現方法だ。

国際単位系

基本となる単位をジャンルごとに定め、桁数は、決まった文字を付加して表現する。

この場合の単位は、m(メートル)。
で、1000ごとに、K(キロ)、M(メガ)、G(ギガ)、T(テラ)、……と続く。
また、小さい方は、m(ミリ)、μ(マイクロ)、n(ナノ)、p(ピコ)、……と続いていく。

つまり、μmとは、1m(メートル)の1/1,000,000の長さを表す。

この3桁区切り以外の表現は、国際表現から外れた表現という事になる。

たとえば、cmは、m(メートル)の1/100である。だから、国際標準のSI単位系から外れた表現である。しかし、世界的に通用する表記なので、当面の間、容認されているようだ。

また、mm(ミリメートル)を「ミリ」、μm(マイクロメートル)を「ミクロン」と呼ぶのは間違いだが、学術論文でもない限り、非難される事はない。

身近な例では、気圧、つまり、圧力は、hPa(ヘクトパスカル)と言うようになった。以前は、mbar(ミリバール)と言っていたが、ある時期から、突然、ヘクトパスカルに切り替わった。しかし、
1mbar=1hPa
なので、さほど混乱もなく、受け入れられた。

しかし、これは、本来、SI単位系の原則からは、外れている。
昔の表現で言う「1,000ミリバール」は、「1,000ヘクトパスカル」だが、本来は、100,000Paなので、100KPa(キロパスカル)と表記する必要がある。

ただ、巨大台風接近中で、せっぱ詰まっているときに、頭の中で変換させたら、非難囂々となることだろう。
よって、従来の数値と同じ、hPaが使われている。これも、「便宜上」である。当然、学術論文では、KPa表記が併記されるべきであろう。

ちなみに、Gを、「ギガ」と読める人は、いっぱいいると思う。それは、コンピュータの世界で、当たり前のように表記しているからだ。
CPUの動作速度で、2GHzとあったら、「ギガヘルツ」と読める人は多いだろうし、その認識は正しい。
しかし、2GBの場合は、おそらく、混乱する事だろう。

たとえば、1GBとあったら、その数値が表現するサイズは、きっちり定まっていない。
KBは、1,024バイトである。これは、2^10(2の10乗)を基本としているからである。なので、GBは、2^30を意味するため、1,073,741,824であるから、普通の人がイメージする「1,000,000,000」とは、かなりの誤差が生じる。

まあ、KBはまだいい。全て、「1024バイト」を意味しているからだ。でも、MB(メガバイト)の場合は、「1,024KB」だったり、「1,000KB」だったりするから、思いっきりややこしい。

「100GB」HDDなどを買ってきて、Windowsの表記を見ると、「93GB」とか表示されるのは、この表記の違いからである。

HDDメーカーは、SI単位で表記した方が、カタログでの数値が大きくなるから、こっちを採用している。つまり、

100GB=100,000,000,000B

となっている。しかし、一般的にコンピュータで用いられるのは、2^*基準なので、

100GB=100,073,741,824B

であるが故に、「93GB」と表示されてしまう。

ちなみに、この混乱を避けるために、2^*基準の場合は、ギビバイトと表記する方法もあるが、思いっきり定着していない。

バイトでの混乱は、今しばらく続きそうである。

なお、桁数などは、何度も見直したが、思いっきりややこしいので、間違えていた場合は、笑って読み流してくださいね。大人の対応で。

« 「超」整理式クリアバインダー | Main | 庶民のための景気回復とは »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28289/57359915

Listed below are links to weblogs that reference PM2.5って、どれくらいの大きさ?:

« 「超」整理式クリアバインダー | Main | 庶民のための景気回復とは »