Recent Trackbacks

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« もっとドコモを追い込め! | Main | 骨太の方針2013 »

June 11, 2013

車のバッテリー新時代へ

……行って欲しいなぁ。

最近の車は、充電機能が向上し、通常に走行している分には、バッテリ上がりが滅多に起きなくなっている。
昔の発電機は、ダイナモと言われていたが、近年、交流式の発電機(ダイナモ)になり、発電効率が飛躍的に向上した。そこで、区別のためか、旧式のをダイナモ、新しいのをオルタネーターと表記するらしい。

そのオルタネーターは、発電効率が良すぎるので、過充電にならないように、レギュレーターとかいう仕組みで、充電を押さえる必要があるようだ。

このため、バッテリーの残量が少なくなっていても、セルモーターさえ回れば、後は少し走るだけで、充電されるらしい。

しかし、近年、エコカーブームで、多少、話が変わってきている。

燃費を抑えるために、発電を少なくして、バッテリーを多用するようになっていたり、信号待ち中のアイドリングストップなどの影響で、バッテリーへの負荷が増えているようだ。

もちろん、10km程度走れば、残量はある程度は復活するようだが、近距離のチョコ乗りを繰り返すと、厳しい状況もあるようだ。

結局、少し前の、「しばらく乗らないと上がってしまうし、近距離走行が続くと、上がりやすくなる」と言う状況に戻ってしまっている。

私の走行パターンは、下記のよう。

・月~土は、3分程度の往復を2往復
・日曜は、基本、乗らない
・週に1~2度、2分程度の往復と、10分程度の往復がある

……まあ、「バッテリーいじめ」ですなぁ。
それでも、あえて走らせているのだ。「1ヶ月一度も乗らない」と言う事さえ、可能なのに、あえて、乗っているのだから。

近距離で全て済んでしまう高齢所帯・専業主婦用の車だと、ありがちな運転パターンだと思うのだが。

PHV・EVでない普通のガソリン車で、こんな状況でも、バッテリ上がりを気にせず乗れるようにならないかなぁ。

そうそう、さっき、ディーラーでチェックしてもらったら、2年使用のバッテリーは、OKだそうだ。やれやれ。

« もっとドコモを追い込め! | Main | 骨太の方針2013 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28289/57568727

Listed below are links to weblogs that reference 車のバッテリー新時代へ:

« もっとドコモを追い込め! | Main | 骨太の方針2013 »