Recent Trackbacks

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« 日本を取り戻す | Main | 戦いすんで~2013参院選後~ »

July 22, 2013

民主党ではない

昨日行われた参院選挙の結果が出た。大方の予想通り、自民の大勝に終わった。
それはいい。自民が得た「得点」は、アベノミクスと呼ばれる経済対策の現時点での成功によるものだけであって、自民大勝の真因は、民主党の一人負けにあるからだ。

自民が勝ったのは、ひとえに、固定支持層、つまり、利を得る業界の組織票と老人票が想定通りの投票行動を取った事にあるだろう。
つまり、国民の多くが自民を支持したわけではないのは、明らかなのだ。

だから、漁夫の利を得た政党についてコメントしても、得るものはない。

問題は、負けた方だ。
直接の敗因は、政権与党だったときの政権運営のまずさなのだろう。
公約は破り、ろくな結果は出せない。それどころか、閣僚の不祥事は頻発する。
「いい加減にしろ」と言いたくなる気持ちは、分からないでもない。

まあ、民主党が、あそこまでダメダメだったのは、官僚の既得権益に切り込もうとした「ショバ荒らし」にあり、官僚の逆鱗に触れるのは分かり切っていたのに、何も打つ手を持っていなかった青臭さにあったと思っている。

現在の閣僚に不祥事ネタがないのではなく、官僚がリークするつもりがないだけなのだ。

米英では、二大政党制が定着している。政権交代が起きても、そのどちらかに移るだけの話だ。英国などは、現在は、連立政権なのだが、二大政党制を崩すほどの連立相手ではない。

この状態が成立するのは、国民のポリシー・要望が、比較的はっきりと分かれているからだ。しかも、大まかに言えば、それぞれで固まっているのだから、むしろ、二つに分かれて対立するのが当たり前の有り様なのだ。

つまり、この政策はこっちだが、あの政策はこっちの党、と言う事が、一般的ではない社会なのだ。

それを、ぐちゃぐちゃの政策志向をもつ日本で、二大政党制を作り上げるのは、本来は、不可能なのだ。

唯一可能だったのが、かつて小澤がやったように、「自民を倒して政権交代」という本来は政策とは言えない共通目標を示し、無理矢理一つにまとめ上げる方法だった。
今は、それも不可能だ。

今後、10年単位で、民主に支持が戻って政権交代、なんて言う事態は起きないだろうから、政権交代を目論むのなら、新たな政党を作り上げる必要がある。

出来る事なら、自民党の政策のまずさに反対する政策を訴える巨大政党でなくてはいけない。原発推進は自民と同じだが、消費税は反対、などといういい加減さでは、自民の一人勝ちが続いていく事だろう。

国民のほとんどが保守志向という、特異な国にあって、わかりやすい対立軸を示すだけでも大変なのに、船頭ばっかりの野党をまとめ上げて、一枚岩にすることなど、「本当に可能なのか?」と思えてしまう。でも、他に道はない。

再度書くが、民主党に支持が戻る事は、ここしばらくは無いだろう。
よって、不可能だろうが、なんだろうが、全ての政策で自民の反対側で、全ての政策を支持する巨大野党を作り上げるしか、政権奪取の可能性はない。

民主党のごとき烏合の衆では、何も始まらない。

« 日本を取り戻す | Main | 戦いすんで~2013参院選後~ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28289/57842607

Listed below are links to weblogs that reference 民主党ではない:

« 日本を取り戻す | Main | 戦いすんで~2013参院選後~ »