Recent Trackbacks

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« 手帳の季節2014~3.iPhone4~ | Main | 手帳の季節2014~5.Monthly~ »

October 16, 2013

手帳の季節2014~4.Weekly~

ウィークリーが使いたくなった。

現状は、格子型マンスリーメインで使っている。定例行事の多くは、記号で記入しているため、それ以外のスケジュールは何もない、と言う日が月に何日もある。
よって、ウィークリーなんぞは、無用の長物である。
でも、その気になってしまったのだから、どうしようもない。

きっかけは、「スライド式」である。リフィルの縦両側に、リングにあった穴が開けられており、週末あるいは週初めにスライドさせて使う。
リングの左が今週、右側が来週である。で、週の切れ目にスライドさせてセットすると、来週が今週に切り替わり、下になっていた再来週が来週に繰り上がる訳である。

コンセプトは、常に今週と来週が見渡せる、という点である。
来週以降のスケジュールを見通すために、いろいろなやり方があるが、どうしても、「切れ目」が出来てしまう。しかし、このスライド式ならば、そういう切れ目は発生しないのだ。これは、画期的なシステムである。

強いて欠点を上げれば、今週が、リングが邪魔になる左側になるという点くらいか。

しかし、残念ながら、Webサイトを見る限り、A5版しか存在しない。

まあ、SD手帳なんぞを使う限り、マイナー故の悲哀は、諦めるより仕方ない。

マンスリーならば、Web上に、いくらでもテンプレートが存在するし、そもそも、SD本家に格子型マンスリー(日付入り)が存在する。しかし、ウィークリー(日付入り)は、存在しない。Web上のテンプレートも、極めて少数である。
探し回った結果、何とか見つかったが、上記のスライド式に出来るだけの右余白がなかった。

で、仕方なく、自作した。

Sd

やってみて分かったのは、マンスリーが存在する状態でウィークリーに日付を入れるのは、それほど手間ではないと言う事だ。
もともと、Access2000で出力したウィークリー(バーティカル)2週間分を超整理式に折って挟み込んでいたわけで、大して苦にならなかった。

まあ、スライド式にすべく、右余白に穴を開け出せば、途端に苦痛になるのかも知れないが、今のところは、単なるウィークリーなので、OKである。
もっとも、いちおう、右余白も確保してある。

思いっきり移り気なのは、分かり切っているからだ。

やってみると、狭いマンスリーにちまちまと書き込むのに比べて、広々としているので、楽に書き込める。ワープロで作ったので、白紙用紙をセットして、何枚でも作成できるし、ワープロ故に、いくらでも変更可能である。

ただ、欠点は、最初から分かっていた事だが、転記が面倒と言う事である。
それなりに利点はあるのだろうが、面倒な事には変わりない。

マンスリーはそのまま存在するので、いつでもやめられるから、問題ないけど。

« 手帳の季節2014~3.iPhone4~ | Main | 手帳の季節2014~5.Monthly~ »

スケジュール」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28289/58396587

Listed below are links to weblogs that reference 手帳の季節2014~4.Weekly~:

« 手帳の季節2014~3.iPhone4~ | Main | 手帳の季節2014~5.Monthly~ »