Recent Trackbacks

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« October 2013 | Main | December 2013 »

November 30, 2013

Windows8.1対応のその後

1.64ビット化

古いXP機を何とか動かし、データベースというか単純な住所録をcsv化し、8.1に移行した。いろいろフリーのデータベースソフトを探したのだが、最適なものが見つからなかった。SQLを駆使してクエリをするまでもない状況なので、できるだけ簡単に済ませたいのだ。最終的には、年賀状ソフトのデータになればそれでOKなのだから。

とりあえず、と入れてみたEXCEL2013が、それなりに進化していて、私程度のデータ数and要求レベルならば、これで十分みたいなので、さしあたっては,これで行く予定でいる。なんたって、新たに変更したのは、グループのリスト入力だけだったのだから、さほど無理のない選択だと思っている。
ま、無効なエントリまで入れても千に満たないデータ数だから、当たり前か。

2.無停電装置

ノートのメーカーのWebを見たら、バッテリのリフレッシュサービスを行っている模様。古いバッテリを送りつけると、バッテリを分解し、古いセルを新品に交換してくれるサービスらしい。交換部品よりも4割安らしく、まあ、その際には、そうする予定。
一応、100%充電が続く状態を避けるべく、ノートだけ別にスイッチをつけ、ノートだけバッテリ駆動できるようにした。
ま、後は運次第だ。

3.デスクトップ化

特に問題なし。

4.Win8.1

これもそう。
ただ、スタート画面(メトロ)が意外に気に入っている。iPhone5sのiOS7と比較しなければ、ではある。同等な環境は望むべくもないが、端から期待していないので、「思ったより」ということで、意外に楽しめると言うのが、素直な感想である。

意外使えるのは、ニュースと天気予報である。

ニュースは、開くと、ババーーンとでっかいニュース画像が飛び出してくる。ノートの画面ではなく、大きめの液晶ディスプレイなので、迫力は満点である。ニュースの内容もそれなりの量があり、私ぐらいの要求レベルならば、必要十分に思える。正確なところは、Googleニュースと比べてみないと何ともいえない感じだが、まあ、明らかに劣っている感じでもない。正確なところは、新聞やTVのニュース番組も見るので、深刻な問題にはなっていない。

まあ、一番の理由は、東京モーターショーで車の横に立っていたお姉さんの画像のインパクトの強烈さだったというのは、ここだけの話にしておく。

天気予報は、標準のはいまいちなので、Yahoo!のを入れた。通常のWebのだと、今日明日、週間と表示されていて、その右に天気図などのリンクが配置されている。しかし、メトロ版だと、リンクではなく画像で小さいながらも最初から表示されている。これは便利だ。液晶ディスプレイはワイドタイプなので、そのうちのいくつかが最初から見ることができ、意外に快適である。

5.残る問題
・コピーがとれない

苦労の末、何とかコピーがとれるようになった。

XPノートの方は、ドライバがまともに動かず、XPデスクトップの方は、BIOSすら起動しない。結局、ふるーーーいスキャナのツールが起動しているためと判明し、切り替えたら、コピー位はとれるようになった。
副作用として、スキャナをUSBハブに差すと、USBマウスが使えなくなるが、まあ、ノート故に、標準のパッドは残っており、コピー時くらいなら何とかなる。

・Wi-Fiが遅い

これも打つ手がない。

November 26, 2013

XP終了対応の終焉

Windows8.1への移行が終了した。まだ直面していない問題はあるかもしれないが、仕事で必要な部分は、あらかた終了した。

Win8.1は、思ったよりも32ビットアプリが動作してくれたので、思ったより簡単に終了した。

新構成は、無停電装置付きである。まあ、たいしたことはない。ノートに変えただけの話だ。

1.64ビット化

「なるようになるだろう」という、半ばやけくそで、64ビット版Win8に変えた。できるだけ長く使えるようにするためには、こちらの方が適切だと思ったからだ。すでに4GBのメモリが刺さっているので、普通に考えて、8GBまでの増設が可能だろうが、これだけのメインメモリは、32ビット版では使い切れない。

64ビット版があるアプリは、そちらを入れ、無いものは32ビット版を試してみた。
どうしようもないのは、Access2000なのだが、これは、すでに、Googleカレンダー中心のシステムに変えてあるので、問題にならない。
仕事に関するものは、問題なく使えているか、代替えが存在した。

強いていえば、というか、個人の趣味からいえば大問題なのだが、フリーセルのサポートツールが動かない。――私としては、とんでもない事態だ。
XP版のフリーセルとカード表示用DLLは移してあり、動作もした。しかし、サポートツールが動かなくては、事実上、使えない。まっさらのXP用を使うくらいならば、素直にメトロ版のフリーセルを使う。事実、そうした。

2.無停電装置

ノートPCだから、当たり前のようにバッテリがついている。なので、当然、停電対応となる。オフィスにありがちな無停電装置と違い、残量がやばくなったら、自動的に「休止」にしてくれるので、安心だ。

問題は、「バッテリは必ずへたる」という点だ。これは、解決方法がない。
ついこの前までXPを使っていた私だから、当然、このノートも長く使う予定である。そんなとき、出先でバッテリが使えないのは、とても困るはずだ。
しかし、ACプラグつなぎっぱなしの現状では、早晩、そういう事態に陥るはず。

これを回避するには、バッテリの予備を確保しておく以外に、対処法は思いつかない。
しかし、この手のバッテリは、そのノート専用であり、後からでは、入手困難となる。
今手に入れておくしかないが、修理部品扱いだろうから、きっと、いい値段するはず。
何とかならないかなぁ。……無理か。

一応、スリープ中やシャットダウン中は、コンセントを抜いておき、100%充電状態のまま、と言う事態は、回避している。
(正確には、スイッチ付きたこ足コンセントのスイッチを切るだけ)

3.デスクトップ化

実態は、ほぼデスクトップである。
XPで使っていた液晶ディスプレイをそのまま使い、フルキーボードをつなげて、ほぼデスクトップよろしく使っている。今現在、起動中のノートの液晶画面は消えたままである。
ノートは、一つ前の機種で、映像出力は、sub15とHDMIしか存在しない。で、ディスプレイ側は、sub15とDVI-Dしかない。速攻で「HDMI-DVI」ケーブルを買い、無事表示されるようになった。最初は、sub15でつないでいたのだが、ノート側にねじ穴がなく、ぐらついていたので、それなりにしっかり刺さるHDMIを選択した。

試してみたら、ディスプレイに内蔵されているスピーカーからは、音が出ない。仕方ないので、ノートのヘッドフォン端子に、今まで使っていた対応スピーカーをつなぎ、無事、それなりの音が出るようになった。

前回の記事で書いたK/Bをつなぎ、液晶ディスプレイに表示させている。
右斜め前に鎮座ましましているノートを見なければ、ほとんどデスクトップを使っている感覚だ。

ノートに刺さっているプラグ類は、USBハブ(電源供給あり)、HDMI、ヘッドフォンプラグなので、全部、抜く際の支障にはならない。外へ持ち出す際は、ズコズコっと引っこ抜けば、清く正しいノートに戻ってくれる。まあ、バッテリさえまともなら、であるが。

4.Win8.1

プリインストールされていたのは、Win8である。たかーーい新型ノートならば、8.1だったろうが、そうは問屋が卸さない。というか、予算がつかない。
で、仕方なく8機を買い、速攻で8.1にUpdateした。Webでは、いろいろトラブル談が載っていたが、私の場合は、問題なく終了した。

5.残る問題

・コピーがとれない

使っていたスキャナは、64ビット版ドライバが存在しない。使っているプリンタは、すべてスキャナ機能もWi-Fi機能もない旧型機である。こればかりはどうしようもない。
仕方ないので、放置されていたXPノートを引っ張り出し、コピー機として使う予定である。ちゃんと動作するかどうかは、定かではない。まあ、XPサポート終了後は、無線LAN子機を引っこ抜き、スタンドアロンのスキャナコントローラーにするしかない。幸い、清く正しいスキャナとしての利用は、ほとんどしていないので、何とかなるだろう。

・Wi-Fiが遅い

今までは、親機と同じメーカー製の子機を使っていたので、問題なくデュアルチャネルで動作していた。しかし、今は、ノートに組み込まれている子機である。いろいろいじってみたが、シングルでしか動作しないようだ。Webを見ている分には、さほど支障はないが、何十通ものメールをダウンロードする際には、イラッとする。まあ、組み込み子機を無視して新たに対応子機を差すまでもないので、あきらめる予定である。

あとは、年賀状が印刷でき、Accessのデータが何らかのデータベースに読み込めれば、めでたし、めでたし、である。

November 22, 2013

Windows8.1+USBキーボードの不具合

Windows8および8.1機にUSBキーボード(以下、K/B)を接続すると、問題が起きることがある。Webにも、いろいろ載っている。

多いのは、英字K/Bとして認識されてしまい、全角入力ができないというものである。判定は簡単。「@」キーを押せばいい。英字K/Bとして認識されていれば、別の文字が入るようだ。まあ、全角が入らない時点で、気がつくと思うが。

私の場合は、勝手に何らかの文字が勝手に入力されてしまうと言う症状だった。
あれこれ試してみると、必ず起きるとはいえないが、かなりの頻度で起きる。直前に押したキーによっては、全く起こらないこともあった。
具体的には、「4」が入ってしまう。たとえば、Windowsと入れようとすると、
「w4ind4444444444444444444」
となってしまう。
で、ご機嫌が直ると、問題なく使えると言う状態だった。その発生するトリガーは、いまいち判定不能だった。ただ共通しているのは、不正入力されるのは、「4」に限られる、と言う点である。テンキーの方は、ATOKで直接入力モードにしてあるので、全角として入るということは、フルキーの方の「4」の様だ。

Webを見ると、前者の場合は、強制的にドライバーを入れ替える方法、レジストリを変更するという方法が上がっていたが、後者の場合は、ハードの不具合としか載っていなかった。

で、試しに、フルキーの方の「4」を押してみたら、なんと戻らない!
結局、初期不良だったようで、交換してもらってからは、問題なく使えている。

いままで、様々なハードを購入してきたが、単純な初期不良には、初めて出会った。
K/Bの場合、今回のようなあからさまなケースは、きわめて稀なはずで、ほとんどの初期不良は、接続しないと判明しないはずだ。まあ、運が悪かったと思って、あきらめるか。
それにしても、600円そこそこのK/Bのために、2往復したわけで、はっきり言って、K/B本体よりも、ガソリン代の方が高いような気がしている。

それはともかく、超低価格のK/Bで、キーの押し心地も、ふわっとしている。今までは、もう少ししっかりした感触のK/Bを好んできたのだが、意外にも、気に入ってしまった。

この分では、ノートの方のK/Bは、いつまで経っても慣れそうにない。うーむ。

November 16, 2013

iPhone5sに機種変更

Softbankショップに連絡したら、Webで申し込んだ方が早いと言われたのでWebで申し込んだ。機種変更手続きに困ったら、相談に乗ってくれるということなので、やってみた。

結局、問題なく終わったのだが、かなり戸惑ったので、その点を中心に書く。
まあ、かなり詳しくWebに載っているので、そちらを見てもらうのはデフォとする。

1.ご利用前のお手続き

電話でもWebでも可能だが、「どの電話」なのか、明記されていない。要は、家電(いえでん)で可能だった。操作も、携帯番号と暗証番号を入れるだけなので、ここで戸惑う人は少ないだろう。操作終了後、その後の流れをサラッと告げてくるが、「しーーーーっかり」と聞いておこう。詳細は、次で書く。

2.状態報告メールは、どこで受ける?

【Webの表記】

まず、旧iPhoneの電源を入れておき、それで報告メールを受ける。その後、自動的に、旧機種はアクセス不可になる(スパイ大作戦 or Miかよ)。そして、おもむろに新機種の電源を入れ、初期起動and初期設定に移る。

【上記アナウンス】

「旧機種の電源をお切りになり、新機種の電源を入れてお待ち下さい」
とか言ってくる。

結局、アナウンスが正解で、問題なく終わったのだが、キャリアでの設定完了メールが受けられないことに混乱した。

だって、新機種は、初期起動すら終わっておらず、いかなるメールも受けられるはずはない。メールを受けるためには、旧機種の電源を入れておかないといけないはずなのだ。

私がやったのは、時間をおいて、両方の状態を試す、と言う方法だった。

何度かやったら、旧機種の表示が「圏外」に変わったので、向こうの設定が終わったと見なし、新機種の初期起動(本当は、3回目の電源オン)をし、Web通りの初期設定をした。
後でわかったのだが、PCメールに「切り替え完了」メールが入っていた。
このアドレスは、Softbankには教えていないはずなのに、だ。ただ、Appleには、登録してあった。……そっち?

その後の初期設定は、ありがちな内容なので、問題なく終わった。まあ、各サービス(各種ID・パス)は、もれなく控えてあるので、であるが。

本当の正解は、未だにわからない。下取り割も申し込んであったのだが、オンライン・ショッピングの場合は、Softbankショップ持ち込み/直送を選べないようで、直送決めうちになっていたが、まあ、誤差の範囲内である。

November 11, 2013

東大卒はかわいそう

「ある意味」だ。

「今でしょ」の林修氏の本の宣伝に書いてあったのは、

「大学受験の能力は、その後の人生で全く使われない。でも、鍛えなきゃいけない」

と言う主旨だった。

まあ、「一度も使われない」というのが正しいかどうかは定かではないが、少なくとも、「遠からず」であることは、間違いない。そこで、表題のコメントとなる。

人間には、いくつもの才能が眠っている可能性がある。

野球がうまい。
サッカーがうまい。
速く走れる。
記憶力がとんでもない。
人当たりが良い。

上げていくときりがない。その無数の種類の才能のなかに、「ペーパーテストで高い点が取れる」というものがある。この能力に秀でている者が、優先的に東大に入れると言う事になるだろう。

一般に、我々は、東大卒を「頭が良い」と見なしがちである。そして、それは、正しくない。正確には、上記の「ペーパーテストで高い点が取れる」と言う面に秀でていると言うべきだ。

最近、高学歴タレントが、クイズ番組に出て、醜態をさらす事が多いが、当たり前である。クイズで良い成績を収めるのは、雑学に秀でた者であるからだ。
それを、「東大卒=頭が良い」というステレオタイプな見方で、あらゆる分野において優れた結果を期待するのは、無理難題というものだ。

まあ、そういうタレントは、醜態をさらす事によって、視聴者に受ける事を承知していて、ある程度は、その線で演じているのかも知れないので、いらざる気遣いかも知れないが。

とにかく、東大卒な人を見かけたら、

・ペーパーテストは、準備期間さえあれば、かなりの対応が期待できる
・専門分野以外は、一般人と変わらない

と、考えてあげよう。

話をややこしくするのは、東大卒の中に、本当に「頭が良い」連中が紛れている点だ。
なんでも、毎年数%らしいが、ろくに勉強もしないのに、とんでもない成績・成果を上げるらしい。平たく言えば、「天才」である。
こういう連中は別枠。一緒にしないように。

ま、三流私立大出に慰められても、うれしくないかも知れないが。
いわゆる「頭が良い」と勘違いされている方々は。

« October 2013 | Main | December 2013 »