Recent Trackbacks

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« Windows8.1+USBキーボードの不具合 | Main | Windows8.1対応のその後 »

November 26, 2013

XP終了対応の終焉

Windows8.1への移行が終了した。まだ直面していない問題はあるかもしれないが、仕事で必要な部分は、あらかた終了した。

Win8.1は、思ったよりも32ビットアプリが動作してくれたので、思ったより簡単に終了した。

新構成は、無停電装置付きである。まあ、たいしたことはない。ノートに変えただけの話だ。

1.64ビット化

「なるようになるだろう」という、半ばやけくそで、64ビット版Win8に変えた。できるだけ長く使えるようにするためには、こちらの方が適切だと思ったからだ。すでに4GBのメモリが刺さっているので、普通に考えて、8GBまでの増設が可能だろうが、これだけのメインメモリは、32ビット版では使い切れない。

64ビット版があるアプリは、そちらを入れ、無いものは32ビット版を試してみた。
どうしようもないのは、Access2000なのだが、これは、すでに、Googleカレンダー中心のシステムに変えてあるので、問題にならない。
仕事に関するものは、問題なく使えているか、代替えが存在した。

強いていえば、というか、個人の趣味からいえば大問題なのだが、フリーセルのサポートツールが動かない。――私としては、とんでもない事態だ。
XP版のフリーセルとカード表示用DLLは移してあり、動作もした。しかし、サポートツールが動かなくては、事実上、使えない。まっさらのXP用を使うくらいならば、素直にメトロ版のフリーセルを使う。事実、そうした。

2.無停電装置

ノートPCだから、当たり前のようにバッテリがついている。なので、当然、停電対応となる。オフィスにありがちな無停電装置と違い、残量がやばくなったら、自動的に「休止」にしてくれるので、安心だ。

問題は、「バッテリは必ずへたる」という点だ。これは、解決方法がない。
ついこの前までXPを使っていた私だから、当然、このノートも長く使う予定である。そんなとき、出先でバッテリが使えないのは、とても困るはずだ。
しかし、ACプラグつなぎっぱなしの現状では、早晩、そういう事態に陥るはず。

これを回避するには、バッテリの予備を確保しておく以外に、対処法は思いつかない。
しかし、この手のバッテリは、そのノート専用であり、後からでは、入手困難となる。
今手に入れておくしかないが、修理部品扱いだろうから、きっと、いい値段するはず。
何とかならないかなぁ。……無理か。

一応、スリープ中やシャットダウン中は、コンセントを抜いておき、100%充電状態のまま、と言う事態は、回避している。
(正確には、スイッチ付きたこ足コンセントのスイッチを切るだけ)

3.デスクトップ化

実態は、ほぼデスクトップである。
XPで使っていた液晶ディスプレイをそのまま使い、フルキーボードをつなげて、ほぼデスクトップよろしく使っている。今現在、起動中のノートの液晶画面は消えたままである。
ノートは、一つ前の機種で、映像出力は、sub15とHDMIしか存在しない。で、ディスプレイ側は、sub15とDVI-Dしかない。速攻で「HDMI-DVI」ケーブルを買い、無事表示されるようになった。最初は、sub15でつないでいたのだが、ノート側にねじ穴がなく、ぐらついていたので、それなりにしっかり刺さるHDMIを選択した。

試してみたら、ディスプレイに内蔵されているスピーカーからは、音が出ない。仕方ないので、ノートのヘッドフォン端子に、今まで使っていた対応スピーカーをつなぎ、無事、それなりの音が出るようになった。

前回の記事で書いたK/Bをつなぎ、液晶ディスプレイに表示させている。
右斜め前に鎮座ましましているノートを見なければ、ほとんどデスクトップを使っている感覚だ。

ノートに刺さっているプラグ類は、USBハブ(電源供給あり)、HDMI、ヘッドフォンプラグなので、全部、抜く際の支障にはならない。外へ持ち出す際は、ズコズコっと引っこ抜けば、清く正しいノートに戻ってくれる。まあ、バッテリさえまともなら、であるが。

4.Win8.1

プリインストールされていたのは、Win8である。たかーーい新型ノートならば、8.1だったろうが、そうは問屋が卸さない。というか、予算がつかない。
で、仕方なく8機を買い、速攻で8.1にUpdateした。Webでは、いろいろトラブル談が載っていたが、私の場合は、問題なく終了した。

5.残る問題

・コピーがとれない

使っていたスキャナは、64ビット版ドライバが存在しない。使っているプリンタは、すべてスキャナ機能もWi-Fi機能もない旧型機である。こればかりはどうしようもない。
仕方ないので、放置されていたXPノートを引っ張り出し、コピー機として使う予定である。ちゃんと動作するかどうかは、定かではない。まあ、XPサポート終了後は、無線LAN子機を引っこ抜き、スタンドアロンのスキャナコントローラーにするしかない。幸い、清く正しいスキャナとしての利用は、ほとんどしていないので、何とかなるだろう。

・Wi-Fiが遅い

今までは、親機と同じメーカー製の子機を使っていたので、問題なくデュアルチャネルで動作していた。しかし、今は、ノートに組み込まれている子機である。いろいろいじってみたが、シングルでしか動作しないようだ。Webを見ている分には、さほど支障はないが、何十通ものメールをダウンロードする際には、イラッとする。まあ、組み込み子機を無視して新たに対応子機を差すまでもないので、あきらめる予定である。

あとは、年賀状が印刷でき、Accessのデータが何らかのデータベースに読み込めれば、めでたし、めでたし、である。

« Windows8.1+USBキーボードの不具合 | Main | Windows8.1対応のその後 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28289/58646917

Listed below are links to weblogs that reference XP終了対応の終焉:

« Windows8.1+USBキーボードの不具合 | Main | Windows8.1対応のその後 »