Recent Trackbacks

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« 原発ムラが復活か | Main | 庶民から見た靖国問題の「問題」 »

December 30, 2013

安倍首相の目的は完全独立か?

安倍首相は、中国・韓国との関係が、かつてないほど冷え切り、ようやく雪解けムードになりかけた今、周囲の反対を押し切り、靖国公式参拝を強行した。
それに対し、中・韓の猛反発はデフォとしても、アメリカからも「失望した」という異例の非難コメントが寄せられた。

これ、完全に、こうなることがわかっていて、あえてやったとしか思えない。
仮にも首相たる者、どれだけの主義・主張があったとしても、まず第一に国益を考えるべきである。そして、私に言われるまでもなく、重々承知していることだろう。

まあ、「自分さえよければいい」というアホ行動だった可能性はあるが、一応、「熟慮の上」という前提に立つ。

となれば、その真意は何なのか?

日本外交を一言で言えば、「マザコン外交」だと思う。
基本的には弱腰外交であり、友達(友好国)にさえも、言いたいことが言えない。母親(アメリカ)の後ろ盾があるときは、とたんに強気になり、大きな顔をする。一応、一人暮らし(独立)はしているものの、何かにつけ、母親が口を出してきて、母親の意見を聞かないと、何一つ決断できない。

リスクは極力避け、通常の仕事(貿易)は普通にやっているが、周囲のトラブル(海外の紛争)には、関与しない。

こんなとこだろう。
そして、そこから、脱却させたいのではないのか?

当然、将来的には、独立国として、日本の経済規模にふさわしい軍備を保持し、ふさわしい言動・態度で周辺国にも対峙する。

そんな「いっぱしの独立国」を目指すならば、今回のような靖国参拝に対する諸外国の非難は、内政干渉以外の何物でもなく、はねのけてしかるべきものだろう。

だが、できるのか? 地位協定すら、一文字も変えられない日本に。

それにしても、この一文が事実だとしたら、危なっかしいことこの上もない首相と言うことになる。

« 原発ムラが復活か | Main | 庶民から見た靖国問題の「問題」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28289/58847703

Listed below are links to weblogs that reference 安倍首相の目的は完全独立か?:

« 原発ムラが復活か | Main | 庶民から見た靖国問題の「問題」 »