Recent Trackbacks

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« December 2013 | Main | February 2014 »

January 24, 2014

スマホはポケットに入らない

基本的に、そう思っておいた方がいい。
……私のようなおっさんは、であるが。

無敵なのが、一日のほとんどを、スーツ、プレザーなどの上着を着て過ごす人。サイドだろうが内側だろうが、かなりの大きさのポケットがあり、好きな入れ方ができる。
また、作業着のおっさんも、さほど困らない。現場では上下作業着を着用する義務があるので、そこに入れられるし、ベルトがあるので、ベルト着用ケースを使えば、問題ない。まあ、ベルト着用が「ダサい」のは、あきらめるしかない。
おっと、作業着で工場内作業という人もいるか。でも、この場合は、大抵、携帯等持ち込み不可だろうから、困っている人は少ないことだろう。

女性も、問題ない。もともと、女性は、収納場所がない服装が多いので、ハンドバックやポーチなどを持ち歩く文化がある。当然、スマホもそこに入れればよく、あとは、ポーチなどの選定作業だけだ。

若者もベルトを締めれば、そこに付けられるから、機能的にはOK。あとは、ダサくないケースなどを選ぶだけだ。

さて、ほとんどの人が何とかなるとして、それでも漏れてしまうかわいそうな連中は、スーツも着ないし、現場にも行かないおっさんたちである。

まあ、極端なケースを上げてみる。

上はTシャツ、下はジャージ。こんな服装だ。

ジャージのズボン(not パンツ)だって、ポケットは付いているが、最近の重いスマホを入れると、片側だけが下がってしまう。これは、超みっともない。さすがのオヤジでも、二の足を踏む。

ネックストラップは、絶対に駄目。iPhoneだって、ストラップ穴のあるケースを買えば付けられるが、あんな重い物を首から提げたら、肩こりで首が回らなくなる。

ジャージではベルトは締められないので、必然的に、ウエストポーチか肩掛けバックとなる。

このどちらかで、たいていは解決するが、さらに残る問題は、通常、バックを持たないか、身軽にいきたい状態の時である。
ウエストポーチはいい。気になるのは、ダサさだけなのだから、問題はない。
おっと、腰痛持ちは、腰に負担がかかるのもお忘れなく。

比較的問題になりやすいのは、肩掛けバックの方だ。たとえば、喫茶店でトイレに行く場合、一緒にいるのが家族だったら、バックはおいていくことが多い。そういうときでも、スマホは持って行きたい人が多いだろう。そんなときに困ってしまうと思う。

腰痛発症の危険を冒して、ダサさ100%のウエストポーチにするか。
トイレに行くときだけ、わざわざバックから出して、ジャージの片側をズリ下げて歩くか。

おっさんから見ても、どっちもパス。

かくして、おっさんの遠い目の先には、昔なじみのガラケーが空に浮かんでいるのだ。

庶民から見た靖国問題の「問題」

それは、戦死していない者が合祀されていることだ。
その一点に尽きる。

あそこは国を守るために戦死した英霊をまつる場所であるにもかかわらず、戦後生き残り、裁判によって有罪となり、刑に処せられた者も合祀されている。このおかしな状態が続いていることが唯一の問題点である。

確かに、戦勝国による一方的な裁判であったろう。その点を言うのなら、国際司法裁判所のような適切な機関に、権利の回復などを訴えるべきで、戦死者を祀る場所に祀るのは筋違いだ。

理由は知っている。合祀を強行したのは、厚生省引揚局だ。ここは、元軍人で構成された部署で、異様な雰囲気を持っていたようで、女子職員などは、恐れて近寄らなかったらしい。そんな部署が強行したのが、A級戦犯の合祀である。新たに祀る者(戦犯)のリストを提出された靖国の宮司は、拒否も合祀実行もせず、放置していた。その死後、後を継いだ宮司(元軍人)が合祀を実行して今に至っている。

こんな一部の元軍人たちの愚行で、国際関係が悪くなってはたまらない。
まず日本が上記の非を正し、その後、堂々と「内政干渉」「個人の信仰の自由」など、正当な主張をしていけばいい。

ちなみに私は、過去に参拝したことはないし、今後もない。
たとえ閣僚に抜擢されたとしても、「ポリシーとして参拝しない」と明言するだろう。

ま、そもそも、前提が整わないのだが。

« December 2013 | Main | February 2014 »