Recent Trackbacks

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« 安倍首相の目的は完全独立か? | Main | スマホはポケットに入らない »

January 24, 2014

庶民から見た靖国問題の「問題」

それは、戦死していない者が合祀されていることだ。
その一点に尽きる。

あそこは国を守るために戦死した英霊をまつる場所であるにもかかわらず、戦後生き残り、裁判によって有罪となり、刑に処せられた者も合祀されている。このおかしな状態が続いていることが唯一の問題点である。

確かに、戦勝国による一方的な裁判であったろう。その点を言うのなら、国際司法裁判所のような適切な機関に、権利の回復などを訴えるべきで、戦死者を祀る場所に祀るのは筋違いだ。

理由は知っている。合祀を強行したのは、厚生省引揚局だ。ここは、元軍人で構成された部署で、異様な雰囲気を持っていたようで、女子職員などは、恐れて近寄らなかったらしい。そんな部署が強行したのが、A級戦犯の合祀である。新たに祀る者(戦犯)のリストを提出された靖国の宮司は、拒否も合祀実行もせず、放置していた。その死後、後を継いだ宮司(元軍人)が合祀を実行して今に至っている。

こんな一部の元軍人たちの愚行で、国際関係が悪くなってはたまらない。
まず日本が上記の非を正し、その後、堂々と「内政干渉」「個人の信仰の自由」など、正当な主張をしていけばいい。

ちなみに私は、過去に参拝したことはないし、今後もない。
たとえ閣僚に抜擢されたとしても、「ポリシーとして参拝しない」と明言するだろう。

ま、そもそも、前提が整わないのだが。

« 安倍首相の目的は完全独立か? | Main | スマホはポケットに入らない »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28289/59000902

Listed below are links to weblogs that reference 庶民から見た靖国問題の「問題」:

« 安倍首相の目的は完全独立か? | Main | スマホはポケットに入らない »