Recent Trackbacks

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« つらくない中年ダイエット | Main | おっさんのための有酸素運動(2/2) »

April 12, 2014

おっさんのための有酸素運動(1/2)

基本的に、50歳以上で、日頃運動に該当することは一切しないメタボ中年のために書いている。まだまだ若さが残る40代には、該当しないことだろう。
今回は、まず、直接の運動では無く、気をつけるべき前置きを書く。

まず、大原則がある。

・無理をしない
・やらないよりマシ

この二つである。「当たり前」と思う人がいるだろうが、意外にこの2点が守られておらず、体を痛めたり、つらくて続かない人が多いと思っている。

1.無理をしない

そもそも、体のあちこちにガタが来ているはずだ。それをしっかり把握しておかないといけない。私の場合、いきなりスクワットを行えば、膝の関節がバキバキ鳴り、一日で痛くなってリタイアとなる。だから、スクワットを行うにしても、運動時間の後半に、しかも、そっと行う。それまでは、手抜きで行う。ラジオ体操第一の二つ目と言えば分かるだろうか? 正しくは、「腕を振って脚を曲げ伸ばす運動」というらしい。それを、「始業前にやってらんねぇなぁ」と、不満たらたらで適当にやるイメージで、サラッと行う。膝はほとんど曲げない。やってみると分かるが、おっさんにとっては、結構いいスクワットもどき運動になってくれる。しかも、本当のスクワットに比べて、膝関節への負担が、明らかに少ない。おすすめ。

また、メタボ男性のほとんどは、腰痛持ちだろう。よって、運動中は、基本的に、上体を直立のまま行う。腰痛になってしまっては、ダイエットどころでは無いからだ。

あと、「有酸素運動を20分以上継続して…」などというわかーーい台詞は無視しよう。やれるときにやれるだけやればいいのだ。

2.やらないよりマシ

私の場合、1時間/日を基本にしているが、天気のいい休日でも無い限り、午前と午後に30分づつ行う。仕事柄、この程度の隙間時間は、確保しやすいからだ。
また、そのどちらかの前後に、仕事で体を動かせば、そのブロックは、運動しない。さすがに、そんな暇も体力も無いからだ。無理は禁物。継続することこそが命。いや、本当に「命」がかかっているのだが。

当然、「一駅前に降りて歩く」という人は、そのブロックはやらなくていい。ウォーキングという最高の有酸素運動を既にやっているのだからね。その時は、満足感に浸って、いすに座っていよう。

また、30分の運動中に電話など急用があったら、即中止。又時間が出来てから、残りをやればいい。そのまま就寝時間になったら、無理せず寝る。

無理をすると続かないからだ。

「有酸素運動を20分以上継続」は、正しい指摘だが、合わせ技ならぬ合わせ時間でも、それなりの効果があるようだ。これくらい融通を利かせないと、続かないって。

あと、これは結構大事だが、室内だけで完結する運動を選択すべきだ。
おっさんは、誰も気にしていないのに、人目を気にする動物である。ついつい人目が気になって、出発慣性を打破できない人が多い。
その点、室内だけで完結すれば、少なくとも夜だけは続けられる。夜30分なら、時間はあるでしょ?
夜のニュースの綺麗なお姉さんを見ながら、それなりに運動するだけでいいのだから。おっと、下の階の人に苦情を言われない程度に、ね。

こんな程度でも、不起訴を勝ち取ったのだから、大丈夫。
「やらないよりマシ」なのだ。

« つらくない中年ダイエット | Main | おっさんのための有酸素運動(2/2) »

心と体」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28289/59454660

Listed below are links to weblogs that reference おっさんのための有酸素運動(1/2):

« つらくない中年ダイエット | Main | おっさんのための有酸素運動(2/2) »