Recent Trackbacks

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« 集団的自衛権について | Main | 二十代の投票率が3割台 »

April 30, 2014

IE6~11の脆弱性

まあ、あっちこっちで書かれているだろうが、一応書いておく。

個人的には、全く問題ない。Win8.1だが、スタートアプリ版のIEは、一度も起動していない。デスクトップ版も、XPでFirefoxをダウンロードした後、XPからの移行処理をしたので、一度も起動していないはず。

ここしばらくは、ずっとFirefox使っているから、全く関係ないのだ。

息子は、私が入れたFirefoxが入っているからOK。娘は、勝手に入れられたらしいCromeがあるから良い。もう一人は、説明するのが面倒だから放置。
やれやれ。

そもそも、IEを使わなくなったのは、危険が多いから。そんなのWindowsが始まってからずっと続いている。
そもそも、堅牢であるよりも高機能であることを志向し、かつ、世界的にメジャーなブラウザなのだから、危険性は、どのブラウザよりも高いのだ。

そんなこと、ネットにアクセスする人の間では常識だった。
でも、最近は、そうでは無いらしい。

最近のIEが、比較的安全に見えていたのは、各セキュリティソフトメーカーが、IEやOutlookExpressの脆弱性に対応してきたから。それ以外の理由は無い。

それが、再び起きただけの話だ。
今回が今までと違うのは、MSのセキュリティパッチの提供が遅れていること。
それだけだ。

対策も、今まで通り。

・お姉さんが服を着ているサイトしか見ない
・有名サイトしか開かない
・メールに書かれているリンクはクリックしない
・そもそも、怪しげなメールは開かない

えーと、こんなところか。
言いたいことは分かるよね?
要するに、「金が儲かる」「無料動画」「無修正」「交際」とか書かれているサイトを開かないだけで、安全性がぐっと増す。
要は、そういうこと。分かった? ご同輩のおっさんたち。

« 集団的自衛権について | Main | 二十代の投票率が3割台 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28289/59557048

Listed below are links to weblogs that reference IE6~11の脆弱性:

« 集団的自衛権について | Main | 二十代の投票率が3割台 »