Recent Trackbacks

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« May 2014 | Main | July 2014 »

June 24, 2014

「戦争いらない」デモは無意味

いま、集団的自衛権行使を憲法解釈の変更で押し切ろうという安倍総理の方針に対し、戦争への拒否感から、各地でデモなどが盛んに行われている。

だが、これ、全く効果が無いと思う。

まず最初に、「戦争いらない」については、全面的に賛成である。あらゆる手を駆使してでも、戦争は回避すべきだし、それを訴えることは、全く問題が無い行動だ。しかし、残念ながら、効果は無い。
なぜなら、その願いは、現実の国際情勢を無視した、単なる願いことに過ぎないからだ。

理由は、以前も、かなり前も、ここで書いたので、繰り返しは避けたい。
ただ、簡単に書くに留めよう。

冷戦の終了とともに、アメリカにとっての日本は、アメリカ軍兵士の人的損害を被ってでも守り抜かねばならない国では無くなったと言うことだ。

つまり、アメリカが日本から一歩引いた分、日本が一歩踏み出さねば、日本は守れない状況にある。

方法は二つ。
一つは、周りの国が日本を攻めようと思わないくらい仲良くすること。中国などは、「中華思想」つまり、中国こそが世界の中心で、最も優れた国であると言う考えなので、日本のごとき小国と対等につきあうつもりなど無い。
ならば、遙か昔のように、朝貢外交を行う以外に道は無い。

二つ目は、そういうわけにはいかないので、何とかアメリカを引っ張り付けておいて、最低限、自分のことは自分でやれる国になることである。
核兵器だの、単独で他国に攻め込む実力はいらないが、攻め込まれた時には、ある程度の防御力を発揮できる程度の実力は必要となる。

で、安倍総理が選んだのは、後者だ。

つまり、彼なりに日本の現状を把握し、近未来を想定し、とるべき手段をとっているつもりなのだ。

そんな状況にあって、「戦争いらない」がごとき、太平の世の世迷い言をお経のように繰り返しても、「国を守る礎となる」気満々の安倍総理には、そよ風ほども響かないことだろう。

本当に、影響を与えたいのなら、この現実に対処できる代案を提示する必要がある。
それが無い今のやり方では、ニュースのネタにはなっても、国への影響は皆無なのだ。

もう一度言う。戦争などは、真っ平御免だ。

June 18, 2014

どの党にエントリーする?

また野党の離合集散が始まった。
政策の一致が絶対条件とか言っているが、数あわせなのは、見え見えだ。
どうせ、一致するのは、「自民党を上回って政権を奪取する」くらいのものだ。

まあ、民主主義+政党制の日本にあって、まず最初にやるべきなのは、過半数を抑えて政権の座につくことだ。これが無いと、何も始まらない。それは理解できる。

その政権奪取の最初の段階として、離合集散が欠かせないのなら、いっそのこと、国会議員全て、エントリー制にしたらどうだ?

わかりやすく言えば、日本のプロ野球みたいなものだ。

プロ野球選手は、一人一人が個人事業主だ。その事業主が、来年度以降の所属球団を決め、報酬を話し合うのが、オフに恒例の契約更改だ。ある者は、球団の申し込みをそのまま受け入れて、さっさと契約を済ませ、ある者は、折り合う条件を求めて、何度も交渉の場に臨む。

国会議員もこんな感じで良いんじゃ無い?

党の幹部も含めて、全て自由契約。好きなときに、好きな党に行って良い。留まるのも移るのも自由。
次の選挙まで所属すると契約したのに、勝手に移る議員には、契約時に定めたペナルティはあるものの、移籍自体は自由にすれば良い。

プロ野球で言う「生え抜き」のように、ずっと同じ党に居続けるのもアリ。移るのもアリ。それぞれの心情に基づいて行動すれば良い。
その動静を非難するのも、支持するのも、全ては選挙民に任せれば良い。

魅力の無い党は寂れ、そうで無い党は栄える。

2/3の絶対勢力を誇る党が、一ヶ月後には、過半数転落、なんて、楽しいかも。

政治が流動化しすぎ、不安定化する、なんて、心配の人もいるかもしれないが、実際には、そうはならない。
きっと、「寄らば大樹の陰」なんていう日和見議員がほとんどだろうし、政治信条から、移るわけにはいかない議員だっているはず。

結果として変わるのは、「党を移りやすくなる」「離党に際しての地元からの反発が減る」くらいのものだろう。

政党制の元では、「党議拘束」が当たり前で、かなりの議員が、本当は賛成しかねる法案にも、渋々賛成しているのではないだろうか。

そんな不毛な議員生活におさらばできるのだ。

各議員は、それぞれ独立した国民や選挙民の代表となれる。
その上で、信任された立場で、各自の信念に基づいて行動することが許される。
それでこそ、国民の代表である国会議員というものだ。

いまの、「賛成票を投じるためだけの万年投票要員」よりはマシでしょう。
ま、お小遣い(選挙資金等)は、各自で何とかしてもらいましょ。

June 16, 2014

格安スマホがんばれ

通信速度も遅く、扱えるデータ量も少ない代わりに、月額料金を低く抑えた「格安スマホ」が大人気で、あちこちの企業の参入が続いている。

この格安スマホは、回線自体はNTTドコモの回線を間借りしているので、設備投資の必要が無く、NTTも、回線速度の遅さとデータ量が低く抑えられているのとで、さほど負担は無く、しかも、小金が稼げるからなのか、どんどん提供している。
また、スマホも、ドコモ用のSIMフリー機をそのまま使えるので、これも、ドコモにおんぶにだっこすればいい。

まさに、「手を上げるだけ」で、格安スマホ業者になれるのだ。航空機のLCCみたいに、「安かろう悪かろう」なので、利用者へのサポートも最低限でよく、こちらのコストもかからない。

ある意味、「訳あり格安スマホ」な訳だが、それで良いというユーザーにとっては、「安く使える」という良い面だけが残る。

で、大人気、となっている。

ただ、私としては、使うつもりは無い。
決してヘビーユーザーでは無いので、ひょっとすると、格安スマホの制限内で使っているのかも知れないが、業務で忙しい時に、制限を突破してしまっては困ってしまう。
なので、「念のために」ということで、格安スマホにするわけにはいかないのだ。

なのに、なぜ、「がんばれ」なのか、というと、通常のスマホにも、影響があるだろうからだ。

中高年を中心に、格安スマホへの需要は、かなりのレベルになると思う。
当然、3大キャリアにも影響がでるはず。
それに対する対策は、既に飽和感のある「コンテンツの充実」などでは決して無い。たぶん、できる限りの低料金設定しか道は無いはず。

実際、ドコモの通話し放題への対策なのだろうが、ソフトバンクも似たようなサービスを開始する。ここに格安スマホ対策が加われば、基本料金四千円も夢では無いかも知れない。

私の願いは、それである。

がんばれ!格安スマホ業者!

June 14, 2014

集団的自衛権について2~アメリカの事情~

集団的自衛権について
の続きである。

最近、この話題がニュースで取り上げられない日は無いと言っても良いくらいである。
しかし、「安倍首相のかたくなな姿勢」とか、「平和憲法をないがしろにする」みたいな視点からの報道が多くて、アメリカから見た視点は、あまり取り上げられていないように思える。

そこで、多少その視点も交えて書いてみたい。

日米安保が前提とする情勢の中で、一番大きな変化は、冷戦の終結だろう。
それまでは、日本は、資本主義陣営と共産圏とのアジア側の最前線であり、アメリカから見て、日本は、格好のショウウィンドウだった。

絶対に守り抜かねばならない最前線であり、資本主義のすばらしさをアピールできる格好の位置に日本は存在した。
当然、両陣営間で世界大戦が勃発した際には、最優先で守り抜かねばならない。

だが、日本を再軍備して「大日本帝国」を復活させてしまっては、危なくて仕方が無い。

そこで、とられた方法は、日本を戦争の出来ない国にしておいて、その代わり、アメリカが日本を守り通すというシステムである。

また、資本主義の優位性をアピールするために、為替レートを1ドル360円に固定して円安状態にし、輸出を盛んにすることで、日本経済を復活させようとした。
それがうまくいき、日本は経済的に復活し、しかも、戦争を指向しない国になった。

しかし、大前提となる冷戦が終結すると、「守るべき国、日本」という見方も変化を余儀なくされた。
つまり、今の日本は、巨額の軍費をかけ、人的被害を出しながらも、守り通さねばならない国では無くなったのだ。

要するに、アメリカからすれば、「基本的に、自分のことは自分でやって欲しい」言うのが、本音なのだろう。

日米安保は、アメリカからすれば、「今までの成り行き上、仕方なく守る」と言った意味合いに変化しているのだ。

そういったアメリカの変化に対応した国内の変化が、「集団的自衛権論議」なのだろう。

この点を踏まえないと、安倍首相が、日本中から非難を受けながらも、あそこまで執拗に憲法解釈の変更で押し切ろうとしているのかが、見えてこないと思う。

中国が「戦争を起こしたいと思っている」とは、考えていない。でも、中国の利益を守るためなら、「戦争を排除しない」という考えなのは間違いない。

冷戦終結後、日本防衛に対して、アメリカが一歩引いた分、日本が一歩踏み出さないと守れない、と言うのが、首相官邸の見方なのだと思う。

で、先の「集団的自衛権について」の記事に戻ることになる。

現実の世界情勢の中では、「非武装中立」など、「太平の世の世迷い言」であると知る必要があり、「平和国家日本」は、その先にあるべきなのだ。

「戦争は嫌い」なのは、日本人のほとんどの実感だと思う。
でも、そう言っているだけでは、日本の平和は守れないのだ。

アメリカの庇護があった時代は既に過ぎ去っていることを知らないと、それこそ、日本は守り通せない時代になりつつある。

「日本はどこも攻めないから、軍事的にはかまわないで欲しい」というのが、私の本音なのだが、そうはいかないのが、国際情勢なのだ。

June 05, 2014

リフィルの穴開け

1.はじめに

システム手帳などのバインダー手帳用リフィルの穴の開け方である。
但し、ルーズリーフは含まない。あんなもの、いちいち開けていられない。
専用パンチが結構優れものなので、さっさと買ってしまった方が吉。
二穴もそう。あれで困っている人はいないはず。なので無視。

2.大前提

専用パンチが無いか、廃盤で入手不可か、の状況である。
種類が多くて買っていられない場合もある。
また、専用パンチで穴を開けた結果が気に入らない場合も該当する。

3.一穴パンチ入手

私は、3mmと5mmを持っている。5mmの方は、百円ショップで買ったので、安上がりだった。
3mmは、SD手帳に使っている。本当は、4mmが欲しかったのだが、無かったので仕方が無い。まあ、何とか使えている。5mmの方は、システム手帳全般に使っている。

大抵のパンチは、4枚程度しか一度に穴を開けられないが、「基本的に市販用紙を使う」というコンセプトなので、大した枚数では無いため、問題になっていない。

4.ひな形作成

気に入った穴配置の市販用紙を使うが、私は、仕切リフィルにも成るので、クリアファイルを切って仕切リフィルにして、そのうちの1枚を穴の位置決めにも使っている。
「気に入った」とは、穴の余白、つまり、穴の左側の余白幅をいう。それ以外の位置は、規格で決まっているので、変えようが無いから、どれでも同じだ。

たとえば、システム手帳の標準サイズのリングなら、定番のパンチでもいけるし、スリムだと、あれでは広すぎてしまう。最初に試行錯誤して、自分の手帳に最適な用紙を決めてから始めよう。

5.穴の位置を決める

切断した側を穴の左側に来るように用紙を置く。こうすれば、手帳にセットした際に、綺麗に揃う。
私は、優先順位として、

1.手帳外側になる縦
2.手帳下側になる横
3.手帳上側になる横

と言う順番にしている。

で、穴を開ける用紙の上に、ガイドとなる用紙を重ね、穴の位置の中心にペンなどで印を付ける。この印は、穴を開けると消えてしまうので、ペン選びは適当に。

6.穴開け

穴を開ける用紙を上記の優先順にしたがって揃え、穴を開ける。
パンチのガイドとなる穴の中心に、先ほどの印が来るようにして穴開け実行。
後は、繰り返すだけである。

7.最後に

やってみると、それほど大変でも無い。
私の場合、月間予定表、定例ToDo、備忘録などは、既製の用紙を使って印刷しているので、こういった作業は行わない。
こういった作業を行うのは、あくまでも、挟み込んでおきたい資料や書き散らかしたいクズメモ用リフィルに限られる。

これらは、1年にしたら、大した枚数では無いから、さほど苦にならない。
それよりも、どの規格のシステム手帳にしても、必ず穴を開けられる安心感の方が比べようも無くでっかい。

既製品の専用パンチの結果が気に入らない方、一度お試しあれ。

June 04, 2014

A5システム手帳入手

ついに買ってしまった。しかも、Bindex。かねてより欲しかったのだが、つい誘惑に負けて購入した次第である。
……まあ、結論から言えば、大したことは無い。

なぜ「ついに」なのかというと、「必要も無いのに」だからである。

バイブル、バイブルスリム、ミニ6穴,SDを持っている。粗品だったり、保管用バインダーだったりも含めると、かなりの冊数になる。
その上で、用途も無いのに、追加してしまったという次第である。

A5サイズ自体は、すばらしいものだ。A4全盛の世に合って、そのちょうど半分のサイズと言うことで、オフィス文書との馴染みは最高である。織り込む際に、何のテクもいらないのだ。

また、手帳としては、大判なサイズなので、広々と書けるし、リフィルだって売っている。
私は、既に持っていたA5のコピー用紙に穴を開けて使っているが、リフィルは、大きな店に行かなくても、ホームセンターの事務用品コーナーにさえ置いてある。これは、かなりのアドバンテージだ。

欠点は、そのサイズ故に、持ち運びに適さないこと。当然、机に置きっぱなしで使うことになる。まあ、大きめの鞄を持ち歩く人は、そこに入れられるが、それが使いやすいか?は、別問題である。

さっと取り出して、さっと使う。

これが出来なければ、手帳とは呼ばない。
それ故、「使い道が無い」と成るのだ。

常時携行しているのは、SD手帳だ。紙綴じ手帳の利点とバインダーノートの利点を重ね持つ逸品である。唯一の欠点は、超マイナー故に、田舎では、リフィルの入手が通販オンリーなこと。
まあ、市販のリフィルを使うのは、月間予定表だけなので、たいした枚数では無い。後は、iPhoneである。

ビジネスのスケジュールは、通常のスケジュールは、定例も臨時も含めて、SDが正解となる。その上で、Googleカレンダーというか、iPhoneにも入れている。
業務の都合上、アポはiPhoneオンリーとなり、SDは、記号のみの記入となる。

この状態で、机の上に常備するスケジュール管理ツールを追加するのなら、今時ならiPadだろう。スケジュールの中心には、Googleカレンダーが鎮座ましますのだから、連携を考えたら、これ以外の選択肢は無い。

それなのに、あえてA5のシステム手帳を買ったのだから、いかに欲しかったのか分かって貰えるだろう。

種明かしをしてしまおう。保管用のバインダーを買っただけの話だ。
本物は、何千円もするから、こんな遊び目的には買えない。ダメ元と笑っていられる値段だったからこそ、踏ん切りが付いたのだ。

買ってから早速、1週間ほど死蔵した。だって、使い道が無いのだから。
同時購入したBindexの白紙リフィルを入れて、ついでに練習がてら、A5のコピー用紙に穴を開け、気軽に使える用紙もセットした。

ここでハタと気がついたのだが、使い道が無いついでに、「ミスコピー用紙ホルダーにしてしまえ」と言うことになった。

どこの事務所でも、大抵コピー可能な機械がおいてあり、ミスコピーが少なからず存在していると思う。それをそのまま廃棄する人は少数で、大抵は、裏をメモ用紙にしているか、試し刷り・社内用印刷物などに再利用していることと思う。
そのうちのメモ用紙にしてみたのだ。

もともと、ありがちだろうが、Wクリップで綴じてメモ用紙にしていた。
機能的には問題ないのだが、机の上に鎮座ましますと、ダサいことこの上も無い。でも、常時置いておかないと、メモの意味が無い。そこで、おしゃれなメモホルダーの登場である。

なんたってA5なのだから、半分に切って穴を開けるだけ。しかも、出来た用紙は、三方機械裁断済みだから、汚いのは、今さっき自分で切った側面だけ。こちら側を穴のある側面にすれば、リングの中に消えて行ってしまうので、見た目も悪くない。

めでたく、「無駄なもん買ったなぁ」という後悔の念にさいなまれることが無くなった。たとえ千円程度でも、無駄は無駄なのだ。

まあ、気が向いたら、お客さんに手渡すフォローメモを印刷しておいても良い。現状は、大きめのポストイットに書いて渡していたが、イメージが悪かったのだ。カレンダーに貼り付けている人以外は、リフィルの方が、見た目もいいはず。

なお、気が向いたので、次回は、バインダー用リフィルの穴開けについて、書いて見る。

« May 2014 | Main | July 2014 »