Recent Trackbacks

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« 格安スマホがんばれ | Main | 「戦争いらない」デモは無意味 »

June 18, 2014

どの党にエントリーする?

また野党の離合集散が始まった。
政策の一致が絶対条件とか言っているが、数あわせなのは、見え見えだ。
どうせ、一致するのは、「自民党を上回って政権を奪取する」くらいのものだ。

まあ、民主主義+政党制の日本にあって、まず最初にやるべきなのは、過半数を抑えて政権の座につくことだ。これが無いと、何も始まらない。それは理解できる。

その政権奪取の最初の段階として、離合集散が欠かせないのなら、いっそのこと、国会議員全て、エントリー制にしたらどうだ?

わかりやすく言えば、日本のプロ野球みたいなものだ。

プロ野球選手は、一人一人が個人事業主だ。その事業主が、来年度以降の所属球団を決め、報酬を話し合うのが、オフに恒例の契約更改だ。ある者は、球団の申し込みをそのまま受け入れて、さっさと契約を済ませ、ある者は、折り合う条件を求めて、何度も交渉の場に臨む。

国会議員もこんな感じで良いんじゃ無い?

党の幹部も含めて、全て自由契約。好きなときに、好きな党に行って良い。留まるのも移るのも自由。
次の選挙まで所属すると契約したのに、勝手に移る議員には、契約時に定めたペナルティはあるものの、移籍自体は自由にすれば良い。

プロ野球で言う「生え抜き」のように、ずっと同じ党に居続けるのもアリ。移るのもアリ。それぞれの心情に基づいて行動すれば良い。
その動静を非難するのも、支持するのも、全ては選挙民に任せれば良い。

魅力の無い党は寂れ、そうで無い党は栄える。

2/3の絶対勢力を誇る党が、一ヶ月後には、過半数転落、なんて、楽しいかも。

政治が流動化しすぎ、不安定化する、なんて、心配の人もいるかもしれないが、実際には、そうはならない。
きっと、「寄らば大樹の陰」なんていう日和見議員がほとんどだろうし、政治信条から、移るわけにはいかない議員だっているはず。

結果として変わるのは、「党を移りやすくなる」「離党に際しての地元からの反発が減る」くらいのものだろう。

政党制の元では、「党議拘束」が当たり前で、かなりの議員が、本当は賛成しかねる法案にも、渋々賛成しているのではないだろうか。

そんな不毛な議員生活におさらばできるのだ。

各議員は、それぞれ独立した国民や選挙民の代表となれる。
その上で、信任された立場で、各自の信念に基づいて行動することが許される。
それでこそ、国民の代表である国会議員というものだ。

いまの、「賛成票を投じるためだけの万年投票要員」よりはマシでしょう。
ま、お小遣い(選挙資金等)は、各自で何とかしてもらいましょ。

« 格安スマホがんばれ | Main | 「戦争いらない」デモは無意味 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28289/59835921

Listed below are links to weblogs that reference どの党にエントリーする?:

« 格安スマホがんばれ | Main | 「戦争いらない」デモは無意味 »